image

NY Daily News

 

アンディ・ウォーホルによるポップ・アートの最高峰『キャンベルのスープ缶』シリーズが、ミズーリ州のスプリングフィールド・アート・ミュージアムから盗まれていたことがわかった。FBIは2万5千ドル(約270万円)の懸賞金を掛け、その行方を追っている。

『キャンベルのスープ缶』は、ウォーホルが1962年に発表したシルクスクリーンの連作で、同美術館はそのうちの10枚を1985年から収蔵している。今回盗難に遭ったのはビーフ、野菜、トマト、オニオン、グリーンピース、チキンヌードル、黒豆の7枚。ペッパー、マッシュルームクリーム、コンソメの3枚は難を逃れた。10枚セットの価値は50万ドルを下らないという。

美術館のディレクター、ニック・ネルソンは「30年に渡り、パーマネントコレクションとして収蔵してきたウォーホルのアイコン的作品を盗まれてしまい、家族を失ったような喪失感を覚えています」との声明を発表。予定していたポップアート展「The Electric Garden of Our Minds : British / American Pop」は中止に追い込まれた。