image

(写真・代表撮影:ロイター/アフロ)

 

就任後初の外遊で、中東に続いて欧州を歴訪しているトランプ米大統領が24日、バチカンでローマ・カトリック教会の法王フランシスコ一世と会談を行った。その際、帯同したメラニア夫人と長女のイヴァンカ氏が着けていた黒いベールが話題となっている。

 

ファーストレディの首席報道官は「バチカンの規則によると、女性が法王に謁見する際は長袖のブラックフォーマルと、頭を覆うベールを着用することになっている」と発表。正式なルールに則った服装であったことを強調した。

 

20日に訪問したサウジアラビアでは、メラニア夫人はスカーフを着用しなかった。イスラム圏では、女性が夫以外の男性の前に姿を現すときは髪を覆う。しかし、今回はサウジアラビア側からスカーフ着用の要請はなかったという。アラブの女性が身につける伝統衣装に似た長袖の黒いジャンプスーツを着たメラニア夫人の装いは、現地の新聞で「おしゃれに伝統を守った」と絶賛された。

 

メラニア夫人は今回の外遊を前に、各国の文化と服装の規定を熱心に学んでいたという。日を追うごとに支持率を落としている夫とは逆に、訪れる国の文化を尊重するメラニア夫人の評価が今、急上昇している。

関連タグ: