image

セリーナ・ウィリアムズのInstagram(@serenawilliams)より

 

米女子プロテニス選手のセリーナ・ウィリアムズ(35)が、現地時間1日に第一子となる女児を出産していたことをInstagramで公表した。父親はRedditの創業者で婚約者のアレクシス・オハニアン(34)。

 

Instagramには、妊娠を医師から告げられるシーンから、出産までの軌跡をたどったストーリー(24時間で自動削除される動画)を掲載。その中で、出産後に赤ちゃんが合併症を起こし6日間入院したことを明かしている。動画の最後には「ハロー、ワールド、ベイビーガール、アレクシス・オリンピア・オハニアンJr.」と、「オリンピック」の語源ともなった古代ギリシャの都市名を織り込んで命名したことを報告した。

 

出生体重は3118グラム、現時点でのグランドスラム獲得タイトルは「1」とのことだ。

 

ウィリアムズは4月に妊娠を公表。1月に全豪オープンで優勝したときはすでにお腹に命を宿していたことが世界に衝撃を与えていた。妊娠がわかったのは、オハニアンが彼女にプロポーズしたわずか2週間後であったという。