image

パリのファッション・ウィークでズハイル・ムラドのコレクションに登場したイネス・ラウ。

写真:Abaca/アフロ

 

男性誌『PLAYBOY』の最新号は、9月に亡くなった創業者ヒュー・ヘフナーの追悼特別号として、若かりし頃のヘフナーのポートレートを表紙に採用している。創刊から64年、男性が1人で同誌のカバーを飾ることは初めてだという。

 

この号には、もう一つの「史上初」が用意されている。トランスジェンダーのモデルがプレイメイトに抜擢されたのだ。

 

フランスと北アフリカのミックスであるイネス・ラウ(26)は男性として生まれながら、女性として生きることを選んだ。8ページから成るセンターグラビアでは、PLAYBOYの象徴であるウサギの耳をかたどったカチューシャを着けたカットから、靴だけを履いたヌードまで披露している。

 

インタビューページでは、これまでの苦悩を吐露。「撮影の間、子どもの頃の辛い日々を思い出していたの。長い間、トランスジェンダーだということを隠して生きてきたわ。ボーイフレンドができなかったらどうしようと不安だったし、付き合うことができたとしても、気味が悪いと思われることを恐れていた。性のことでもなんでも、本当の自分をさらけ出すのは救済になると思う。それであなたを拒絶する人は、あなたにはふさわしくない人なのよ。誰かに愛されるということじゃない。自分を愛するということなの」

 

この史上初の試みが、意外なほどの大反発を招いている。FOX NEWSがFacebookページにラウ起用のニュースを掲載すると、わずか3時間余りで1万件を超えるコメントが寄せられた。その多くが「男をプレイメイトにするなんて」という困惑と怒りから来るものだ。

 

「理解できない。男が男を見たがると本気で考えているのか? どうかしているよ」

「なぜゲイの人々向けの別冊を作らないのか。そっちに載せればいいだろう」

「定期購読を解約した。おれは生まれながらの女性を見たいんだ」

「ヒューは墓の中で地団駄を踏んでいるだろうね。死んだ後にこんなことになるなんて思ってもいなかっただろう」

「DNAはウソつかない!」

「これは売り上げが落ちるね。どうして金を払って男の裸を見ないといけないんだ」

 

初めてPLAYBOYにトランスジェンダーのモデルが掲載されたのは1991年9月号。最も有名な性転換者の1人、キャロライン・コッシーだった。彼女の場合はグラビアモデルとしての登場であり、その号を代表する“プレイメイト”に抜擢されたのはラウが初めてとなる。