image

NL Beard & Moustache ClubのInstagramより

@newfoundland.bmc

 

「来年のカレンダーは何にしよう……」とお悩みの方に朗報だ。屈強なカナダ人男性が人魚に扮したキュートなカレンダーが登場し、人気を博している。

 

このカレンダーを製作したのは、「ニューファンドランド・ラブラドール あごひげ&口ひげクラブ(Newfoundland & Labrador Beard and Mustache Club)」という慈善団体。ホースセラピーに従事する馬を育成する組織「Spirit Horse」に運営資金を寄付するため、文字通り“一肌脱いで”チャリティカレンダーを作ったというわけだ。

 

ヒゲの生えた体格の良い男性たちがお手製のヒレをつけ、かわいらしいポーズを取っている写真の数々はネット上で話題となり、カレンダーには注文が殺到している。

 

クラブの創設者ハサン・ハイはCBCのインタビューに応え、「Spirit Horseは、経営状態も知名度も崖っぷちなんだ。馬を育てるにも、維持するにも莫大な金がかかるからね。僕らが支援できるんじゃないか、ってすぐに思いついた」と語る。確かに、写真のインパクトは、知名度向上には打ってつけだ。

 

カレンダーに登場するヒゲ面メンバーは約30人で、彼らは自らを「Merb’ys」と呼称している。これは「mermaid(人魚)」と、ニューファンドランドのスラングで「仲間」を意味する「b’y」を合わせた造語なのだとか。

 

「Merb’ys 2018 Calendar」は一部25ドルで予約受付中だ。