ジェニファー・ローレンスとニコラス・ホルトがロマンスを再燃させているようだ。2年の交際を経て今年1月に破局した2人は、出会いの場で交際を始めるきっかけとなった『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』の続編となる人気コミックの映画化の最新作『X-MEN: デイズ・オブ・フューチャー・パスト』で再度共演中で、ここのところ撮影現場だけでなく、オフの時も一緒に多くの時間を過ごしている姿が目撃されている。ある関係者がUSウィークリー誌に話したところによると、22歳のジェニファーと23歳のニコラスは「いつもランチを一緒にとって」、「行動もいつも共にしている」ようだ。

 

今月初めには、『X-MEN: デイズ・オブ・フューチャー・パスト』の撮影場所となっているカナダのモントリオール周辺で、ニコラスがジェニファーの家族に交じって散策する姿も見られているが、実際に2人がヨリを戻したのではないかとの噂が立ち始めたのは、ロサンゼルスのレストラン「ザ・リトル・ドア」で「イチャイチャ」しながら仲良くディナーを楽しんでいたのを目撃された4月頃からだった。

 

そんな噂が強まっている2人だが、1月の破局直前のインタビューでジェニファーはニコラスへの思いを強い調子で語っていた。「彼って正直、私の親友だし、彼もそう思ってくれてるといいんだけど…一緒にいたい人だし、誰よりも一番私を笑わせてくれるの」

他方でニコラスもメディアで幾度となくジェニファーのことを褒め称えていて、2月のアカデミー賞でジェニファーが主演女優賞を受賞した時も「彼女のことを考えると本当に、本当に僕自身もハッピーさ」と語っていた。