ミック・ジャガーがそろそろ3度目の結婚をしそうだ。先月29日(土)のグラストンベリー・フェスティバルでザ・ローリング・ストーンズとして年齢を感じさせない大迫力のステージを披露したミックだが、12年間に渡り交際を続けているデザイナーのローレン・スコットとさすがにそろそろ結婚しなくてはまずいとプレッシャーを感じているそうだ。

 

ある関係者は英ザ・サン紙に「ローレンはずっとミックに付き添ってきました。そもそもミックが彼女を好きになったのは、彼女が自分を縛りつけないからだったんです。彼女もスタイリストとしてだけでなく、服や宝石のデザイナーとして活躍し、香水のラインなども発表するなど大忙しです。ミックは彼女のその独立したところに惚れたんですよ」と明かしている。 

 

これまでビアンカ・デ・マシアやジェリー・ホールなどモデルとの結婚歴があるミックだが、陰に陽にローレンを信頼していることから、今回ばかりは真剣に結婚することを考えているようだ。先の関係者は「信頼できる人の傍にいるのが彼は好きなんですよ」と続ける。

 

そんな私生活に変化が起きそうなミックだが、英サマセット州ワーシー・ファームで開催されたグラストンベリーで、43年間のフェスの歴史でローリング・ストーンズとして初となるギグをするために、私有のヘリコプターで現地入りするなどアーティストとしても絶好調だ。