アヴリル・ラヴィーンが、先月29日(土)に南仏カンヌで結婚式の前祝いパーティーを開いた。ニッケルバックのチャド・クルーガーと婚約中だったアヴリルはチャドと共にパーティーを開き、2人は今週1日(月)に正式に結婚したようだ。ある関係者はUsMagazine.comに、2人の3日間に及ぶ「こじんまりとした」結婚パーティーの様子を語っている。「非常にこじんまりしています。親しい友人と家族しか呼ばれていませんね」

 

また、今回のパーティーを手掛けたウェディングプランナーとして有名なミンディ・ウェイスは、インスタグラムにロマンティックな夕焼けをはじめ南仏の写真を投稿している。今回、アヴリルと一緒に仕事をしているタレント・リソーシズのマイク・へラーCEOが29日(土)に、「今南仏に来ていて、アヴリルの結婚式に参列するところなんだ。この特別なお祝いの席にいることができてとっても幸せさ」「アヴリルの式だから写真はアップできないけど、みんな最高の気分を味わっているところだよ」とツイートしたことで、一時はその日に結婚したと噂が立ったものの、実際にはこれらのコメントは前祝いパーティーについて言及していることが後に分かっている。

 

そんなアヴリルは以前、豪華な結婚式を予定していると話していた。「その瞬間を心から楽しめるようにきちんと計画したいの。それに出席してくれるゲスト全員にも一生に一度の素敵な思い出を作ってもらいたいわ。みんなに『ワァオ!』って言ってもらいたいし、私達だけじゃなくて、みんなにとっても特別な日にしたいのよ」

 

また、サム41のデリック・ウィブリーとの結婚歴を持つアヴリルは、昨年夏にチャドが自身の通算5枚目となるスタジオ・アルバムの制作を手伝ったことがきっかけで急接近していて、最近には「チャドと一緒にいると、一番美しい気持ちを感じられるの」とのろけていた。