カニエ・ウェストが新作コレクションでファッション界へ本格復帰を果たすようだ。先日もA.P.C.(アーペーセー)から発表した新作コレクションが瞬時で売り切れるなどファッション界で復活の兆しを見せるカニエはユニセックス向けの2014年春/夏コレクションを引っ提げて、本格的にファッション界にカムバックを果たすことになったという。2011年にウィメンズ・コレクション「DWバイ・カニエ・ウェスト」で華々しくデザイナー・デビューを飾ったものの賛否両論が巻き起こしてしまった経験を持つカニエだが、今回ミラノに1週間滞在中、ディーゼルのアーティスティック・ディレクターを務めるニコラ・フォルミケッティの助けを借りて、新作コレクションを制作したと報じられている。

また、ヴォーグ誌によると、9月に開催されるショーで発表されるという同コレクションにはユニセックスの作品が100点ほど揃えられているようだ。これまでパリ・コレクションに2シーズン参加したものの振るわず、昨年3月には自身のファッションレーベルをたたんでいたカニエなだけに、今度こそ3度目の正直になるのではと期待が掛かっている。

ただ、今回の報道に関してカニエの広報担当者はコメントを控えている状態だ。

関連タグ: