英キャサリン妃とウィリアム王子の間に男の子が生まれた。ケンジントン宮殿の発表によれば、キャサリン妃(31)はイギリスの現地時間で22日(月)の午後16時24分にウィリアム王子(31)との第1子となる男児を出産している。ウィリアム王子もロンドン・パディントン地区にあるセント・メアリー病院内のリンド・ウィング特別病棟で出産に立ち会った。生まれた男の子の体重は8ポンド6オンス(約3.79キログラム)で、母子共に健康であり、キャサリン妃は22日(月)から23日(火)にかけて病院で一夜を過ごすことになる。

また、イギリス王室をはじめ、キャサリン妃の実家の家族達もキャサリン妃の出産のニュースに大喜びの様子だ。ウィリアム王子はケンジントン宮殿による公式なプレスリリースの発表前に、祖母にあたるエリザベス女王をはじめとして、父親のチャールズ皇太子、そして弟のヘンリー王子に電話をかけて出産を知らせている。さらに、イギリス王室の伝統的習慣として、バッキンガム宮殿前には王室の新生児の誕生を知らせる画架(イーゼル)が置かれた。

そんなようやく待望の第1子の誕生を迎えたキャサリン妃とウィリアム王子は、今回の出産以前に、キャサリン妃のお腹にいた赤ちゃんの性別を知ることを希望していなかったこともあり、ようやく親になった2人をはじめとして、イギリス国民も男の子誕生のニュースに喜びもひとしおだ。キャサリン妃は現地時間の22日(月)の早朝6時頃に陣痛が始まり、セント・メアリー病院に運ばれていた。

今回生まれたプリンス・オブ・ケンブリッジは、祖父のチャールズ皇太子、父のウィリアム王子に次いで王位継承順位が3位となる。