デヴィッド・S・ゴイヤーが、バットマンとスーパーマンの2大ヒーローを競演させる新作のタイトルは『バットマンvsスーパーマン』か『スーパーマンvsバットマン』になる可能性があると仄めかした。サンディエゴにて開催されたコミコン・インターナショナル・フェスティバルで行われたスーパーマン生誕75周年を記念した会見で脚本家のデヴィッドは、8月30日に日本公開を控えた新作『マン・オブ・スティール』と今回発表された新作がどのように関連するのか、そしてその仮タイトルについても語っている。「『バットマンvsスーパーマン』なのか、『スーパーマンvsバットマン』なのか、どう呼ぶかはまだ分からないよ。でも確実にこの2人を主人公にした作品は進行してるさ」

デヴィッドの脚本を元に、『マン・オブ・スティール』を監督したザック・スナイダーが再度メガホンを取る本作では、クリストファー・ノーランが製作総指揮を務め、ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、ローレンス・フィッシュバーン、ダイアン・レインら『マン・オブ・スティール』のキャスト陣が続投することになる。デヴィッドはまた、バットマンとスーパーマンが競演する新作が『マン・オブ・スティール』のエンディングに関連しているとも明かしている。

そんなバットマンとスーパーマンの2大ヒーローが登場する新作は2015年に公開予定だ。