image

サマソニでの初来日も決定!あのCM曲で話題のウィリー・ムーン、ついにデビュー・アルバムをリリース!!



ipodのグローバル・キャンペーンに使用された楽曲「Yeah Yeah」で大注目のウィリー・ムーンがついにデビューを果たした。

日本に滞在経験があり、そこでの影響が今の自分の一部になっていると語るウィリーの経歴は少し変わっている。「学校なんて、なんの意味があるの?って思ったんだ」と元は優秀な学生だったらしいのだが、16歳で学校生活からドロップアウト。18歳で故郷ニュージーランドを離れ、ロンドン、ルリンで生活。その後再びロンドンに戻り音楽制作をスタート、ーベルと契約を果たした。



1965年のロックンロールを冷凍し、45年後にラップトップ・ヒップホップ・プロデューサーの手によって突然生き返らせられたようなサウンド一度聴くと耳を離れないメロディでCM放送開始から話題となっていた楽曲「Yeah Yeah」や、 ウィリー・ムーン自身が制作、レコーディング、プロデュースを行った独特の楽曲が満載のデビュー・アルバム『ヒアズ・ウィリー・ムーン』は好評発売中。サマーソニックの初来日前にチェックしたい!



僕の音楽と日本のポップカルチャーはどことなく似ているようながする。どっちもアメリカから受けた影響を信じられないほどに歪め、全くかけ離れたものを作り出している。若い頃に日本へ行けたことはすごくラッキーだと思ってて、何よりも決定的な記憶は、日本のロカビリーを見たこと。彼らはロカビリーを極限まで変えてしまっているんだ。ものすごく高いリーゼントや、その気取った動きはまるで漫画みたいにふざけていて、最高だと思った。外側から世界をのぞき込んでいるような、そんな似たような発想を持っているような気がして、前から日本には強い関心を持っていたよ。だからサマーソニックでまた日本に行けることは本当に楽しみなんだ」







■商品情報:

ウィリー・ムーン『ヒアズ・ウィリー・ムーン』

UICI-1114 ¥2548(税込)好評発売中



■ウィリー・ムーン「Yeah Yeah」(Music Video)

http://www.youtube.com/user/WillyMoonVEVO



■ウィリー・ムーン バイオグラフィー

ニュージーランド出身の23歳。16歳の時に正式な教育を受け続けることをやめ、18歳で、渡英。そこで彼は快楽主義、人生の闘い、経済的な不安を学び、予期しなかった音楽的大発見をする。ヨーロッパを転々とした後、デビュー曲「I Wanna Be Your Man」を完成させ、レーベル契約を勝ち取り、2011年にデビュー。アルバム制作中の2012年にはAppleが彼のWu-Tang Clangをサンプリングした白熱するトラック「Yeah Yeah」をiPodの広告に 使用し、大きな話題をし、ついに2013年デビュー・アルバムをリリース!



■ウィリー・ムーン オフィシャルページ

http://www.universal-music.co.jp/itswillymoon