image

イタリアオペラの代表作「アイーダ」が、本場イタリアのクォリティそのままに、壮麗な舞台装置やフルオーケストラ、コーラスやダンサー達、そして世界中で活躍する指揮者やスター歌手など、全てが引っ越してくる特別公演として、この秋、9月17日(火)・18日(水)・19日(木)の三日間、日本で上演される事が決定。

 

◆設立100周年!壮大なベローナ劇場の舞台がまるごと東京ドームにやって来る!

1913年、ジュゼッペ・ヴェルディ生誕100周年を記念し、古代ローマ時代の屋外闘技場跡地をいかして野外オペラ・フェスティバルを行ったのがベローナ劇場のはじまりです。ステージ上の息遣いが聞こえるほどの音響効果に恵まれたベローナ劇場は、2万人以上の収容人数を誇ります。そこで、「アイーダ」などの大規模作品を上演し、夏には世界中からオペラファンが集まるまでになりました。かつては限られた人のものであったオペラを、みんなのエンターテインメントに変えたのがベローナ劇場です。そのベローナ劇場そのままに、壮大な舞台装置と演出が東京ドームで上演されます!

 

◆オーケストラやコーラス、ダンサーなど、総勢400名を超える引っ越し公演!

今回の公演は、ベローナ劇場の「アイーダ」、その全てが東京ドームにやってくる引っ越し公演です。キャストや小道具だけではありません。フルオーケストラだけでも120人、大規模なコーラスを歌いあげる合唱団は150人、さらに上演に必須な様々なスタッフ全てが、東京ドームで「アイーダ」を上演するために来日します!

 

◆世界的なオペラ歌手のスターが共演!

主役であるエジプトの若き将軍ラダメスを演じるのは、抒情的な歌声でテノール界の新しいスターとなったロベルト・アラーニャ。さらにヒロインである女奴隷にしてエチオピア女王のアイーダは美貌のプリマドンナ、フィオレンツァ・チェドリンスが演じます。その他にも多数のスター歌手が競演する舞台にどうぞご注目ください!

 

この度やってくる「アイーダ」は、1913年に設立されたベローナ劇場設立100周年記念公演であり、同時にまた、オペラの巨匠であり「アイーダ」の作曲者でもあるジュゼッペ・ヴェルディ生誕200周年を迎える記念すべき特別公演です。演出は映画監督としても知られる世界最高の現役演出家であるフランコ・ゼフィレッリ、指揮はレナード・バーンスタインとカラヤンに師事したベローナ劇場常任指揮者であるダニエル・オーレンが務めます。さらに世界三大テノールの一人でもあり、歌手・指揮者・芸術監督と幅広く活躍するプラシド・ドミンゴが名誉監督として参加します。

関連タグ: