image

UK発野獣系アーバン・ポップ・グループ The WANTED(ザ・ウォンテッド)の

 

リアリティ・ショウ「The WANTEDのハチャメチャ ハリウッド・ライフ」(原題:The WANTED LIFE)

 

無料BSテレビ局Dlife(ディーライフ/BS258チャンネル)で日本初放送決定!

 

2009年にオーディションで集まったマックス、シヴァ、トム、ネイサン、ジェイによって結成され、2010年に「オール・タイム・ロウ」でUKデビュー!イギリスにボーイバンド・ブームを復活させ、2012年春にはUSデビューを果たし、シングル「グラッド・ユー・ケイム」が英ボーイバンドとしては初となる全米シングル・チャートにてTOP3入り!ここ日本でも5月に初来日を果たすなど、全世界が注目しているThe WANTED (ザ・ウォンテッド)。

 

11月6日に発売が予定されている最新アルバム『ワード・オブ・マウス』のアメリカ・レコーディングの模様を追ったリアリティ・ショウが、ついにここ日本でも放送決定!!!

 

ハチャメチャな彼らから、目が離せない!

 

【番組情報】

 

10月25日(金)スタート

 

毎週金曜日深夜(土曜日早朝)3:00AM~4:00AM 5週連続オンエア

 

詳しい番組情報は www.dlife.jp

 

 

【商品情報】

 

最新アルバム『ワード・オブ・マウス』2013年11月6日リリース予定

 

シングル「ウィ・オウン・ザ・ナイト」絶賛配信中!

 

【番組詳細】

 

「The WANTEDのハチャメチャ ハリウッド・ライフ」

 

1: ポップ・スターらしくパーティーしようぜ!(Party Like A Pop Star)

 

[米国内初放送日]2013年6月02日

 

待望のニュー・アルバムをレコーディングするためロサンゼルスに!豪邸で共同生活を始めたザ・ウォンテッドのメンバーとガールフレンド。しかし間もなく、パーティー騒ぎと予期せぬ健康上の不安によって、これまで順調に成功の階段を昇ってきたグループの前途に暗雲が。。

 

2: ポップ・スターらしくベガスへ行こうぜ!(Vegas Like A Pop Star)

 

[米国内初放送日]2013年6月09日

 

ラスべガスでのライヴが決定!ただし小旅行を男同士の絆を深める機会にするため、マネージメントはガールフレンドの同行を禁止!それに納得がいかないシヴァとナリーシャ。一方、病院で検査を受けたネイサンに、ショッキングな診断が!

 

3: ポップ・スターらしくケンカしたら…(Fight Like A Pop Star)

 

[米国内初放送日]2013年6月16日

 

次のファン・イベントの企画についての話し合い中、意見の食い違いから議論はヒートアップ。グループ内のピリピリ・ムードが頂点に。またネイサンの健康問題は、グループの活動に思わぬ影響を及ぼすことに。

 

4:ポップ・スターらしくオバマと対面! (Obama Like A Pop Star)

 

[米国内初放送日]2013年6月23日

 

ホワイト・ハウスで大統領一家に歌を披露するという、人生最高のチャンスが到来!しかし、ナノにヴォイストレーニングを受けるよう提案されたジェイは、自尊心が大きく傷ついてしまう。一方マックスはアメリカ英語のアクセントに磨きをかけて、映画のオーディションに挑戦!

 

5:ポップ・スターらしくクレイジーにいこうぜ!(Crazy Like A Pop Star)

 

[米国内初放送日]2013年6月30日

 

夜遅く、マックスがいきなり大勢のゲストを連れて帰宅。この家で暮らす全員の身の安全に疑問が投げ掛けられる。そしてニュー・シングルのビデオを撮影したTheWANTED、しかし、その完成メンバー全員が満足しているというわけではなく、、、

 

6:ポップ・スターらしくバハマへ行こうぜ!(Bahamas Like A Pop Star)

 

[米国内初放送日]2013年7月07日

 

ライヴとネイサンの誕生祝いを兼ねて、総出でバハマに向かったTheWANTED。しかし悪化の一途をたどっているネイサンの声帯の状態が、遂に限界。想定外の危機的状況に、楽園の島で過ごす時間が途中で切り上げに?!

 

7:ポップ・スターらしくカムバック!(Comeback Like A Pop Star)

 

[米国内初放送日]2013年7月14日

 

第1シーズンの最終回。ネイサンが手術を受け、残りのメンバーは彼抜きでの活動を余儀なくされる。巨大アリーナでのライヴを間近に控えながら、新たに舞い込んだソロ仕事のチャンスや、交際相手との間で続いている問題などに、トムとジェイはグループのこれからについて不安を募らせる。