image

ジョージ・ハリスンの最初のソロ・アルバム6作を、オリジナル・アナログ・マスターからCDおよびデジタル・リリース用にリマスターし、単体、そしてDVDと書籍つきのボックス・セットで発売されることが決定した。

 

ジョージ・ハリスンが1968年から1975年までの期間にビートルズのアップル・レコードからリリースした最初のソロ・アルバム6作が、オリジナル・アナログ・マスターからリマスターされ、CDで10月15日に発売(海外発売9月22日)、デジタルではiTunesにて9月22日から「The Apple Years」とソロ・アルバムの全7作品がMastered For iTunesで配信がスタートする(他の主要ストアでは、9月24日から配信開始)。

 

《不思議の壁》、《電子音楽の世界》、《オール・シングス・マスト・パス》、《リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド》、《ダーク・ホース》、そして《ジョージ・ハリスン帝国》は、単体のデジパックおよび8枚組の豪華版ボックス・セットとして、現在予約もスタート。2004年にリリースされたボックス・セット《ザ・ダーク・ホース・イヤーズ1976〜92》と対を成す《アップル・イヤーズ1968〜75》は、未発表の映像で構成された7分の新作フィルムを含むDVDも付属した、新しいボックスだ。《アップル・ボックス》にはほかに、ダニー・ハリスンの序文、受賞歴のあるラジオ・プロデューサーで著述家のケヴィン・ハウレットによる書き下ろしエッセイ、そして未発表の珍しい画像を掲載した無線とじの書籍が収められている。

 

このプロジェクトはジョージの息子、ダニー・ハリスンが監修した。ダニーは「10年前、《ダーク・ホース・イヤーズ》のリリースでスタートした企画を、最初のアルバム6作を集めた《アップル・イヤーズ》のリリースで締めくくることができて、とてもうれしく思っています。これらのレコードの中には長年、廃盤になっていたものもありました。ですからぼくは音楽好きなみなさんに、この新しくリマスターされたヴァージョンを手に取ってもらえるときが、待ち遠しくてなりません。ぼくたちにとってはとても誇らしい瞬間ですし、この企画を実現させるために、なんらかのかたちで手を貸してくれたすべてのみなさんに、感謝したいと思います」と語っている。

 

6作のアルバムには、ロスアンジェルスのラーセン・マスタリングで、ポール・ヒックス、ギャヴィン・ラーセン、そしてルーベン・コーエンを含むグラミー賞を受賞したエンジニア・チームがデジタル補修とリマスターを施した。《不思議の壁》、《リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド》、《ダーク・ホース》、そして《ジョージ・ハリスン帝国》は、いずれも未発表曲かレア曲を追加収録した新たな拡張版だ。また《オール・シングス・マスト・パス》には、2001年にはじめてリリースされた5曲のボーナス・トラックがすべて収録されている。

 

《アップル・イヤーズ1968〜75》は、これら6作のアルバムを美麗なボックスにはじめて集大成したコレクションだ。ディテールに細心の注意を払いながらリマスターされたジョージ・ハリスンのアップル作品は今や、かつてないほど音質が向上した。これらのアルバムのリリースによって、初リリース時には真価を認められなかった曲の多くに、新たな光が当てられるはずだとオリヴィアとダーニ・ハリスンは確信している。新たな発見や再評価を持つ逸品が、このボックスには数多く収められているのだ。

 

◆ジョージ・ハリスン:アップル・イヤーズ1968〜75 <BOX SET>

 

【収録アルバム】

『不思議の壁』 *

『電子音楽の世界』

『オール・シングス・マスト・パス』(2枚組CD)

『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』*

『ダーク・ホース』*

『ジョージ・ハリスン帝国』*

*つきのアルバムには新たなボーナス・トラックを追加

 

 

■DVD(《アップル・イヤーズ》のボックスにのみ収録)

 

●ジョージ・ハリスン——ジ・アップル・イヤーズ・フィーチャー(2014)〔7:27〕

制作:ピーコック

監督:オリヴィア・ハリスン

 

●オール・シングス・マスト・パス(2001年版に収録のボーナス映像)〔8:03〕

制作:ラディカル・メディア

 

●『バングラデシュのコンサート』EPK(2005)〔6:03〕

制作:オリヴィア・ハリスン、ジョナサン・クレイド

編集:クレア・ファーガスン

 

●ギヴ・ミー・ラヴ(1991年の《ライヴ・イン・ジャパン》からのヴィデオ)〔3:43〕 

 

●ミス・オーデル(《リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド》2006年版デラックス・エディションに収録の別ヴァージョン)〔2:31〕

 

●スー・ミー・スー・ユー・ブルース(《リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド》2006年版デラックス・エディションに収録のアコースティック・デモ・ヴァージョン)〔3:04〕

 

●リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド(《リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド》2006年版デラックス・エディションに収録のボーナス映像)〔3:34〕

制作:アビイ・ロード・インタラクティヴ

 

●ディン・ドン(オリジナル・プロモ・ヴィデオ、1974年)〔3:46〕

監督:ジョージ・ハリスン

撮影:ニック・ノウランド

映像修復:デイヴィッド・ディーン、グウィン・エヴァンズ

 

●ダーク・ホース(オリジナル・プロモ・クリップ、1974年)〔:30〕

制作:キャピトル・レコード

 

★iTunesにて9/22から「The Apple Years」とソロ・アルバムの全7作品がMastered For iTunesで配信開始。他主要ストアでは、9月24日から配信開始。

 

詳細はユニバーサル ミュージックのレーベル・サイト

http://www.universal-music.co.jp/george-harrison/