今月9日には連れ立って外出したところをキャッチされていたが……(写真:Splash/アフロ)

今年6月に婚約したことを公表した歌手のアリアナ・グランデ(25)が、フィアンセと破局してしまったようだ。婚約が正式に破棄されたとTMZが伝えている。

 

今年6月、コメディアンのピート・デヴィッドソン(24)とわずか1カ月の交際を経て婚約。その熱愛ぶりは凄まじく、グランデは連日Instagramでデヴィッドソンとの写真をシェアし、デヴィッドソンもグランデのアルバムのロゴにインスパイアされたウサギのタトゥーを耳の後ろに入れるなど、自分たちの関係をアピール。大粒のダイヤモンドを使ったエンゲージメントリングは10万ドルを下らないと言われていた。

 

しかし、9月頃からグランデのInstagramからデヴィッドソンはフェイドアウト。デヴィッドソンの耳裏のタトゥーもウサギからハートマークに変わっていた。

 

情報提供者によると、2人が完全に破局したのはこの週末のことだったとか。今は関係を進めるのに相応しい時期ではない、と双方が認め、婚約を取り下げたという。

 

グランデは、デヴィッドソンと出会う直前に別れていた元恋人マック・ミラーが9月7日に薬物の過剰摂取で亡くなったことに大きなショックを受けていたとも伝えられており、この悲劇が2人の関係にブレーキをかけたと見る向きもある。

 

グランデは2014年に映画『ティファニーで朝食を』から引用した「Mille tendresse(千の優しさ)」という一節のタトゥーをうなじに入れており、デヴィッドソンもこれを真似して全く同じものを同じ場所に彫っていた。