モーテルの部屋から生後半年の赤ちゃん救助 両親は室内で死亡

米国の幹線道路沿いに数多く建ち、自動車旅行をする人々にとってはなくてはならないモーテル。米国時間24日、ミシガン州ホワイトボール近くのモーテル「ロドウェイ・イン」の一室から、生後6カ月の赤ちゃんが警察によって保護されたと地元テレビ局WKRGなど複数のメディアが報じている。両親は同じ室内で死亡していた。

 

家族がチェックインしたのは発見される1週間ほど前だった。数日間全く姿を見せない客を不審に思ったロドウェイ・インの支配人が、室内をチェックしてほしいと警察に通報。室内には横たわる男女の遺体と、そのかたわらには脱水症状を起こした生後6カ月の女児がいた。スカイラーちゃんという名のこの女児は少なくとも3日間、1人で過ごしていた可能性があるという。WKRGはロドウェイ・インに何か目撃しなかったのか、また、赤ちゃんの泣き声は聞こえなかったのか、と質問を送ったが回答は拒否されたと伝えている。

 

両親の名はジェシカ・ブラマー(26)と、クリスチャン・リード(28)で、2人とも刑務所への入出所を繰り返していた。1月にはスカイラーちゃんの祖父母がその安否を案じて児童保護局にコンタクトを取っていたという。死因は検視と薬物検査の詳しい結果が出るまではわからないが、室内に犯罪の痕跡はなく、遺体の所見では過去30日以内に薬物を摂取した様子は見られないという。しかし、薬物摂取に使う器具は室内に残されていた。2人の死亡前の行動について、警察は情報提供を求めている。

 

重体と判断され緊急搬送されたスカイラーちゃんだったが、順調に回復しているという。

関連カテゴリー:
関連タグ: