「ウイルスで隔離下らない、人は死ぬ」発言した人気女優が謝罪
(写真:Splash/アフロ)

『ハイスクール・ミュージカル』などで知られる女優のヴァネッサ・ハジェンズ(31)が、自身の舌禍により謝罪する事態に追い込まれた。

 

ハジェンズは16日、Instagramのライブ配信で「新型コロナウイルスのせいで隔離されている」とのコメントについてに言及。

 

「7月ぐらいまで続くんだって? ほんとアホくさくて下らない。ウイルスだよね。私もみんなもかかる可能性はあるけど、どうせ人はいつか死ぬじゃん。ほんとそれって最悪だけど、避けられないよね?」

 

最前線で未知のウイルスと戦う医療従事者をはじめ、新型コロナウイルスの影響を受けている全ての人たちの神経を逆なでする命を軽視した発言だったため、「ひどすぎる」「無神経だ」という批判が殺到。翌日ハジェンズはTwitterに謝罪文を投稿した。

 

「昨日のInstagramライブで私のクリップを見て気分を害してしまった全ての人にお詫びします。発言は無神経で、今まさに私たちの国や世界が置かれている状況にまったくそぐわないものでした。今回は、自分の言葉が持つ意味について気づかされる機会となりました。このクレイジーな時期に、皆さんが健康でいられますように」

 

しかし、この前にInstagramで「文脈を無視してメディアに取り上げられたせい」と自己弁護をしていたため、謝罪文も炎上してしまった。

 

《どうせ謝れと言われたから謝ったんだろう》
《私はステージ4のがんで3年間化学療法を続けながら戦ってるの。でも、私の死は避けられないのね。ありがとう。よーくわかった》
《謝っても遅すぎる。あんたが命をそういうものだと思ってるってことは今後ついて回るよ》

 

軽い気持ちでライブ配信をすることがいかに危険か、身にしみたのではないだろうか。

関連カテゴリー: