ビリー・アイリッシュのストーカーに3年間の接近禁止令
(写真:AP/アフロ)

今年のグラミー賞で、主要4部門を独占したビリー・アイリッシュ(18)。彼女とその家族の安全を脅かしていたストーカーに対し、ロサンゼルス郡高等裁判所は接近禁止命令を3年に延長する措置を取ったと TMZ が報じている。

 

アイリッシュ側が裁判所に提出した文書によると、プレネル・ルソー(24)という名の男が5月、アイリッシュの自宅のチャイムを鳴らした。彼女の父親がインターフォンに出ると、「ここ、ビリーの家なんでしょ」と不躾に尋ね、「家を間違っていますよ」と言われてもなかなか立ち去らなかったという。

 

同日夕方、またルソーはやってきた。民間のセキュリティ会社に通報し、警備員が到着するまでの間、ルソーはアイリッシュ宅のポーチに座り込んで本を読み、しきりに独り言をつぶやいていたという。父親が何度も出て行くように言ったが、ルソーは拒否。

 

ルソーは逮捕されるまで通算7度にわたりアイリッシュの自宅を訪れたが、マスクは未着用だったという。手袋もせずにドアベルやドアノブにさかんに触れていたため、アイリッシュと家族は恐怖を覚えたと訴えている。

 

今後、ルソーはアイリッシュと家族の半径100ヤード(約91メートル)以内に近づくことを禁じられる。

関連カテゴリー: