カルト教祖がミイラ化…遺体にクリスマスの電飾施されていた
画像を見る

米コロラド州の田舎町で、ミイラ化した女性の遺体が発見された。サワチ郡保安官事務所によると、遺体にはクリスマスの電飾が施されていたという。   この女性はカルト教団「Love Has Won」のリーダーで、自称“母なる神(Mother God)”のエイミー・カールソン(45)。先月28日に同州モファットの家で寝袋に入れられ、クリスマスのライトで飾り立...

【関連画像】

関連カテゴリー: