image

(画像提供:TV REPORT

 

韓国メディア『Dispatch』の報道によると、ボーイズグループ・防弾少年団が、米国の「ビルボード・ミュージック・アワード」から招待を受けたことが分かった。これはK-POPグループ史上はじめてのこと。

 

防弾少年団は、トップソーシャルアーティスト部門の候補に上がっており、ジャスティン・ビーバー、セレーナ・ゴメス、アリアナ・グランデ、ショーン・メンデスらと競争を繰り広げる予定だ。

 

この部門は、過去1年間の活動が対象となり、選定されるという。アルバム、デジタル音源販売数、ストリーミング、ラジオ放送回数、ライブやソーシャルフォロワー数、グローバルファン投票を合計し受賞者が決まる。

 

防弾少年団は、所属事務所であるBIGHITエンターテインメントを通じて「世界的アーティストが集まる授賞式に招待されているなんて夢のよう」とし「全世界のアーミー(ファン)のおかげだ。感謝する」と感想を伝えたという。

 

防弾少年団は21日午後8時(現地時間)、米国ラスベガスT-モバイルアリーナで開催される『2017ビルボード・ミュージック・アワード』に参加する。

 

(記事提供:KLG)

関連タグ: