image

アジアNo.1エンターテインメント企業CJ E&M(本社:韓国ソウル)と株式会社アミューズが共同でドラマ制作を開始する。ヒロインとして上野樹里が出演、相手役としてチェ・スンヒョン(BIGBANGのT.O.P)が選ばれ、今年下半期、日本をはじめアジア各国で配信予定だ。

 

今回のドラマ制作は、これまで様々な分野で協力してきたCJ E&Mとアミューズの共同企画により実現したもの。CJ E&Mとアミューズはこれまで培ってきたノウハウを生かし、ドラマの企画・制作からプロモーションまでの全過程で協力することで、より完成度の高い作品を作り上げる。主人公として選ばれたのは日韓両国のトップスターであるチェ・スンヒョン(BIGBANGのT.O.P)と上野樹里。全く違う人生を歩んできた二人の男女、”ウヒョン”と”ハルカ”が惹かれあっていくラブ・ストーリを描く。上野樹里は「のだめカンタービレ」などの作品で韓国でも人気が高く、アジア各国のドラマファンから注目が集まっている。

 

CJ E&Mの関係者は「韓国と日本の制作スタッフや俳優によるドラマの共同制作が実現出来てとても嬉しい」と延べ、「チェ・スンヒョンと上野樹里という、日韓両国のトップスターが出演するだけあって、アジア各国のドラマファンを魅了する完成度の高い作品になると思う」と自信を見せた。