image

 

昨年11月19日に「BTD」で日本デビューしたINFINITEが、日本デビュー1周年を迎えました。

また、11月22日には7万4千人を動員した、初のアリーナツアーも終了。

日本活動2年目に向け、ますます気合の入ったINFINITEメンバーからコメントが到着!

 

――5ヶ所7公演、7万4千人を動員した初のアリーナツアー『2012 ARENATOUR in JAPAN [SECOND INVASION] EVOLUTION PLUS』が終了しましたが、感想は?

 

【ソンギュ】

初の全国ツアーでしたが、地方でライブができたことが印象に残っています。初めて行く場所、初めてライブをする場所で、初めてお会いするファンの方もたくさんいらしたと思います。次のツアーでは、もっと多くの地方に行って、もっとたくさんの方にお会いしたいです。

 

【ウヒョン】

なにより、ファンの皆さんと近くで合えたことがうれしかったです。あんなに大きな会場をいっぱいになるまで埋めてくださって、本当に感動しました。皆さんからいただいた応援に、歌とダンスでお応えしたいと思います。これからも、暖かく見守ってください。僕たちも一生皆さんを守ります!愛してます!

 

 

――昨年11/19に「BTD」で日本デビュー。「Be Mine」、「She’s Back」と3枚のシングルをリリースし、日本デビュー1周年を迎えました。1年の日本活動で一番うれしかったことは?

 

【ドンウ】

リリースイベントやアリーナツアーで、たくさんのファンの方とより近くでお会いできたことがうれしかったことですね。今回のツアーのために、日本文化や日本語をたくさん学びました。日本のファンの皆さんと深く共感できるようになったと思います。もっと皆さんに近づきたい!個人的には、2年連続で11月22日の誕生日を日本で迎えました。今年の誕生日は、アリーナツアーの最終日。ファンの皆さんの前でライブができたのでこの1年で、一番うれしい日になりました。

 

 

――2年目となる日本活動の抱負を教えてください。

 

【ホヤ】

今まで休まず一所懸命走ってきましたが、やりがいを感じるばかりで、後悔することはひとつもありません。感無量です。これから2周年、3周年、いえ、10周年、50周年になるまで皆さんに愛されるように、カッコイイ姿、元気な姿だけをお見せすることを約束します。今後は日本語曲をもっとリリースして、日本のファンの皆さんと、音楽を通してさらに近づきたいです。

 

 

◎INFINITE

2010年6月9日、ミニアルバム「First Invasion」で韓国デビューした7人組ボーイズ・グループ。一糸乱れぬ群舞は“シンクロ率99.9%”と話題に。2011年9月「ネコハジャ」で初の音楽番組1位を獲得。続く「Paradise」で2作連続の1位を獲得。韓国でトップアイドルの座に。その勢いで11月に「BTD」で日本デビューを飾り、ビデオの逆再生のような“さそりダンス”で話題を集めた。4月18日には、韓国での代表曲「ネコハジャ」の日本語Ver.を日本2ndシングル「Be Mine」としてリリース。オリコン週間ランキングで2位に。8月29日には3rdシングル「She’s Back」をリリース。初のアリーナツアーでは7万4千人を動員した。

 

オフィシャルサイト:http://infinite7.jp

ウリムコンテンツFB:http://www.facebook.com/woollimcontents