image

‘13年、韓国の大手芸能事務所YGエンターテイメントからBIGBANG以来、約8年ぶりに新人ボーイズグループ“WINNER”が誕生!同じ練習生のBチームとデビューをかけて戦ったサバイバル番組『WIN: WHO IS NEXT』は、日本でも放送され大きな話題を呼んだ。昨年の12月、BIGBANGの6大ドームツアーに参加中の彼らに直撃。メンバーは初のステージで何を感じたのか!?正式デビュー直前にインタビュー全文を掲載!

(※インタビュー日:2013年12月21日)

 

ソン・ミンホ(Song Minho/21)

ラップ担当。YGの練習生になる前からインディーズで活動していて、ラップに関して「教えることがない」と言われるほどの実力者。ファッションセンスも良く、YG系統を一番引き継ぐメンバー。

 

― 東京ドームはどうでしたか?

簡単に立つことができない場所です。いつも以上に真剣に取り組みました。今回の主人公はBIGBANGで、僕たちはそのオープニングアクト。とても良い経験になりました。今度は、僕達が主役となり、WINNERの名前をひっさげて東京ドームに立ちたいです。そのために一生懸命、努力していこうと感じました。

 

-なるほど。WINNERの初ステージは11月16日の西武ドームでしたね。

WINNERになって初めての舞台が西武ドームという、簡単に立つことのできないステージでした。ファイナルステージの約10倍の観客の前でパフォーマンスをすることに不安もありました。本番、暗転した会場一面にBIGBANGの応援カラーである黄色のペンライトが光っている光景を忘れられません。とても幸せでした。

 

-先輩であるBIGBANGのオープニングアクト。たくさん刺激を受けそうですね。

毎回オープニングアクトの後は客席から先輩の公演を観ますが、何度観ても楽しいです。僕たちも早くBIGBANGのように感動を与えられるグループになりたいです。

 

-『WIN:WHO IS NEXT』で特に印象的だった出来事は?

WINが始まった頃、ヤン社長から「チームワークが足りない」と指摘されて海兵隊キャンプに行きました。教官が怖くてすごく記憶に残っていますね(笑)それまでも仲良く過ごしていると思っていたのですが、さらに絆が深まったんじゃないかな。

 

-ファイナルステージの結果発表でAチームと呼ばれたときの感想を教えてください。

勝者発表のカウントダウンが人生で一番怖かったです。Aチームと呼ばれた瞬間、僕も脚の力が抜けて声を上げて泣きました。その瞬間は、“嬉しい”よりもBチームに申し訳ないという気持ちの方が大きかったと思います。

 

―末っ子のテヒョンさんについて紹介してください。

テヒョンはグループの末っ子ですが、時には僕たちよりも大人。音楽に対して本当に真摯に取り組んでいます。僕より歳下だけど、良い刺激を与えてくれるメンバーです。

 

―共同生活をするなかで当番はありますか?

僕はメンバーを笑わせる活力素担当!

 

-日本に来て覚えた言葉はありますか?

「食べなきゃいけません」。僕は食べることが大好きなので!

 

-『WINNER TV』で挑戦したいことは?

バンジージャンプをしてそれぞれが自分の殻を破るみたいな。

(テヒョン:僕はパスね!怖いよ~(泣)。)

 

-今後、個人的には何をしたいですか?

WINNERが早くいい楽曲と出会って少しでも早くデビューしたい。新人賞もとれたらいいなと思います。まずはデビューです。

 

 

 

 

関連タグ: