5月15日、韓国の人気ロックバンドFTISLANDのボーカル、イ・ホンギ(23)の初主演映画『フェニックス~約束の歌~』の公開に先立ち、イ・ホンギが来日。都内で会見を行った。イ・ホンギは、「最初は不安もあったが、共演者から感じ取ることで演技をすることができた」と話した。

イ・ホンギは演技を行うにあたり監督に、「自分も他の共演者同様、ホスピスに行きたい」と直訴したらしいが了承が得られなかったという。監督に理由を聞いたところ、「共演者が経験してきたことを(イ・ホンギに)見せてくれるから、感じたままに演技してほしい」と言われたそうだ。

また、撮影中のエピソードを聞かれると、共演のマ・ドンソク(42)とは、『今日の昼食当てゲーム』を毎回していたそうで、「僕は鼻がいいのでよく当たりました」と笑顔。そして、イム・ウォニ(43)とはクランクイン前の食事会で、「あまりプレッシャーを感じないで、近所のお兄さんと思えばいいよ」と声をかけられた事を明かした。

映画にちなみ”死ぬ前にやりたいこと”を聞かれると、「僕はホスピスには行かないと思う。その代わり、今までにできなかったこと。例えば銀行強盗とか(笑)世界一周とかやってみたい」とユーモラスたっぷりに話すと会場から笑いが起こった。