image

前作から1年2ヶ月をへて、アジアNo.1野獣アイドルの「2PM」が、日本で4枚目となるアルバム『2PM
OF 2PM
』をリリース。現在、全国アリーナツアー中の彼らは、同アルバムを引っ提げ、日本各地で熱狂のライブを繰り広げている。女性自身は、ツアー中の彼らをグラビア撮り下ろし&独占インタビューを敢行。今回は、ウヨンとチャンソンのインタビューをお届け!

 

2PM
4TH Album
2PM OF 2PM』は、ソニー・ミュージックより発売中

初回生産限定盤A¥5,20

初回生産限定盤B¥4,400

通常盤¥3,200(すべて税込み)

 

2PM
ARENA TOUR 2015 “2PM OF 2PM”
を開催中

5月7、8日は大阪城ホール、5月1921日は横浜アリーナ、5月2325日は国立代々木競技場第一体育館、5月3031日、北海道立総合体育センター 北海きたえーるにて開催。

——今回のアルバムの収録曲のなかで、いちばんおすすめの曲は?

ウヨン●Jam
Session
』です。2PMは、これまでアイドルとして活動をしてきたけれど、この曲は少しDEEPというか音楽として深みがある曲だと思います。曲調もJAZZで、こういう曲で僕たちがパフォーマンスをお見せしたことはないと思いますしね。僕が、個人的にJAZZが好きということもあるので、この曲をおすすめしたいです。

 

——初回生産限定盤Bに収録された、日本語のソロ曲『THE BLUE LIGHT』(ウヨン作詞・作曲)はどのような楽曲に仕上がりましたか?

ウヨン●日本ではメンバーの担当カラーがあって、僕はブルーなんです。僕は多くの人から、光を受けている(浴びている)ということを表現したかったです。それは、メンバーだったり、僕たちを支えてくださるスタッフさんだったり、家族だったり、何よりも、ファンのHottestであったり。僕は、そういう方々から多くの光を受けています。その光を僕のカラー担当のブルーで表現して、『THE BLUE LIGHT』という曲にしました。その光を得て楽しむんだ、もう怖くないんだということを表現したくて作った曲です。作曲するというのは、大変な作業だと言われることもありますが、僕は、一度もつらいと思わなかったです。つねに、楽しかったですね。

image

——3月に、シングル『ROSE』で日本ソロデビューを果たしました。リリースの宣伝活動、ソロツアーなど日本におけるソロ活動の感想は?

ウヨン●1人だから心配もいっぱいありました。でも、何よりも大きな意味があったと思います。ライブでは、名古屋、東京、大阪と回り、ただライブをしたというよりも、もっと大きな何か、がありました。旅行をしていたような感じといえばいいのかなあ?
一日一日が毎日違う、そんな印象でした。公演していても、毎回違うファンの方と会って、ファンの方との距離も近くて、その感じがすっごく楽しくて。ずっと旅行をしているようなドキドキ、ワクワク感というのをつねに感じていたように思います。その感じがすごく良かったので、一生忘れることができないですね。もし、またツアーができるとしたら、もっと時間をかけてしっかり準備して、集中して、たくさん悩んで考えて行わなければならないと思いますね。

 

——今年の春から夏にかけて、プライベートでトライしてみたいこと、今、関心を持っていることは?

ウヨン●ちょうど2つあります! 1つは、1ヵ月間、まったく外出せず、部屋にこもってピアノの練習をしたいです。ピアノを弾いたり、歌を歌ったり、思い通りにピアノと一緒に過ごしたい。もう一つは、どこか遠くに旅行に行きたいです。LAやサンフランシスコが好きで、何か楽しそうなことがありそうだし、そんななかでも、平和というか、静けさも同居しているような、雰囲気があるところが好きです。東南アジアのタイなどの海辺の静かな場所もいいですし、ヨーロッパもいいですね。少し遠い、距離のある場所に行って、静かに休みたいです。

 

—————————————

※次は、チャンソンのインタビューをお届け!

 

——今回のアルバムの収録曲のなかで、いちばんおすすめの曲は?

チャンソン●気に入っているところは、いろんなジャンルの曲が集まっているところです。コンサートをするとき、ファンのみなさんにいろんな音楽を聴かせることができますし。個人的には、バラードが好きで、今回、アルバムに収録されている『春風
Good-bye Again〜』は、僕たちが歌ったバラードのスタイルとしては、今までにない感じで、気に入っています。ですね。レコーディング前に聴いたときからずっといい曲だなって。メロディが好きですね、あと、コーラスの♪春風よ~♪ って部分がいいんですよ(笑)。

 

——初回生産限定盤Bに収録された、日本語のソロ曲『僕は』(チャンソン作詞・作曲)はどのような楽曲に仕上がりましたか? 

チャンソン●ちょっと落ち着いた気持ちで歌う曲だと思います。この曲は、僕の感性が、この曲ができあがるタイミングになったときに生まれてきたというか。感性というのは、いろんな経験を通じて変わってくるし、経験することによって、いろんな感性を得ることができると思うんです。『僕は』は、一人で音楽を聴きながら、いろんな想像をしていたとき、歌詞とメロディが同時に浮かんだ曲だったんです。不思議ですよね、こんな状況だったらどうかな?
とか、あれこれ思いを巡らせているときに、ふとできたんです。曲作りも、すごく楽しかったなあ。

image

——レコーディングはいかがでしたか?

チャンソン●レコーディングはちょっと大変でした。高いところを強く歌ってしまうと、違う感じの曲になってしまうし、そういうところが難しかったです。好きなフレーズは、コーラスの ♪どうか行かないで♪ というところですね。せつなくて、いいですよ(笑)。

 

——ここからは、音楽以外のソロ活動について伺います。映画『忘れ雪』で日本映画初主演を務めた感想をお聞かせください。東京で撮影されたんですよね?

チャンソン●8日間で撮影したんです。純愛物語で、僕の役の名前はテオです。テオは、感情表現をあまりしないというか、彼の持っている気持ちがあって、そういうところを隠す姿もあるし、隠さず出す表現もあるし、何か、難しいところもありました。でも、おもしろかったですね、そういう作品の仕事が。本当に不思議なことですけど、主演2人が作品のなかで半分くらい会えないんですよ(笑)。ストーリー的になんですけど、どうして主演2人が会わないの? そんな作品、ほかにあったかな? って(笑)。でも、会わないぶん、せつなさとか、2人がお互いに思っている感情は表現できたと思います。

 

——今年の春から夏にかけて、プライベートでトライしてみたいこと、今、とても気になっていること?

チャンソン●仕事じゃなくて、ただ、日本に旅行で来て、何か感じたいです。

 

 

関連タグ: