韓国の13人組男性アイドルグループ・SEVENTEENが14日、韓国・ソウルのSKオリンピックハンドボール競技場で『LIKE SEVENTEEN-Boys Wish』のアンコール公演の開催を記念した記者会見を行った。

 

SEVENTEENは昨年5月に1stミニアルバム『17CARAT』でデビュー。9月にリリースした2ndミニアルバム『BOYS BE』は12万1045枚を売り上げ、同年にデビューした新人のなかで最高の売り上げを記録。この実績が認められ、『第30回ゴールデンディスクアワード』と『第25回ソウル歌謡大賞』で新人賞を獲得した。

 

今回の公演は昨年12月にソウル・龍山(ヨンサン)アートホール大劇場ミルで行われた初の単独コンサートのアンコール公演にあたり、リーダーのエスクプスは「昨年はたくさんの愛をもらうことができた。今年はアンコール公演という素晴らしいスタートを飾ることができて光栄です」と喜びを語った。

 

“Boys Wish”というタイトルには「SEVENTEENの夢と希望」という意味が込められており、スングァンは「デビュー前にもライブ活動をしていたが、早くデビューして自分たちの曲でライブをしたいと思っていた。その夢が叶いました」と目を輝かせた。

 

(撮影/上原由加奈)