image
(写真/@star1)

人気グループINFINITEのエルが“7年目ジンクス”について語った。

 

エルは最近、スターライフスタイルマガジン@star1とグラビア撮影とインタビューを行った。インタビューでエルは、「最近、デビュー7年目を迎えたアイドルグループがメンバーの脱退や解散など良くないことで、たくさん苦しむことが大いに見られる。INFINITEは問題ないのか」という質問に、「この“7年目ジンクス”についてメンバーたちとたくさん話し合っている」とし「INFINITEはまだ健在であることをまず言いたい。お互いに話をたくさんするだけでなく、悩みも心配も幸せも一緒に分ち合っている」と答えた。

 

また、INFINITEのエルではなく、俳優キム・ミョンスとして感じる“演技するアイドル(演技ドル)”についての質問には、「芝居が下手だった以前の僕だけを思い出しているようで、それが残念だが、それでも着実に芝居がうまくなっていると思うし、今の僕を良く評価してくださる方々が多くて感謝している」と述べた。

 

INFINITEのカムバックを控えているエルは、「ブランクがかなり長かったので、さらにワクワクしている。コンサート後には本格的に活動する予定だ」と伝えた。

 

エルのグラビアとインタビュー全文は、22日に韓国で発売される@star1の8月号で確認できる。

 

(記事提供/THE FACT JAPAN)
http://www.sportsseoul.jp/