image

飲酒運転で物議を醸した人気グループSUPER JUNIORのメンバー・カンイン(31)に罰金刑が宣告された。

 

ソウル中央地裁は7日、カンインの飲酒運転事件(道路交通法違反の疑い)について罰金700万ウォンを言い渡した。

 

裁判所は、カンインが事故を起こした後に逃走した点、同種の犯行で罰金刑に処罰された前歴があった点などを挙げ有罪を認めた。しかし、カンインが事故と関連して反省している点や物損事故でとどまった点などを挙げながら罰金刑を宣告した。

 

カンインは今年5月24日、飲酒した状態で運転をし、街灯を損壊した。同事件を捜査した検察は先月17日、罰金700万ウォンを求刑した。

 

(記事提供/THE FACT JAPAN)
http://www.thefactjp.com/