image

31日、ソウル江南にて行われた、Webドラマ「肯定が体質」の披露試会に主演のEXOのディオ、チェ・ソジン、監督のイ・ビョンホンらが出席したと複数の韓国メディアが報じた。これまでディオは落ち着いた役柄が多かったが、今回はデビュー以来初のラブコメディーに挑戦。早くも多くの期待の声が上がっているという。

 

この日、ディオは「キスシーンの撮影がとても難しかった。僕はキスシーンには向いてないようだ。本当に大変だった」と、初のキスシーンについて率直な感想を述べた。また、「ラブコメディー自体が初めてで、プレッシャーもあったし心配もしたが、監督や出演者の方にたくさんサポートしてもらい、積極的に取り組めた」と話した。

 

相手役のチェ・ソジンも「撮影現場はとても明るい雰囲気でした。ディオさんも明るく、監督も前向きな方なので、たくさん良いエナジーをもらいました」と語ったという。

 

ドラマの中で、ディオは映画学科の大学生ファンドンを、チェ・ソジンがファンドンの元彼女で、スター女優へと転身したヘジョンを演じた。ドラマを通じて、厳しい現実の中、映画制作の夢に向かって前向きに歩む大学生たちを描いている。

 

劇中のシーンに例え、「助けが必要な時は別れた恋人に連絡する?」という質問に対してディオは「絶対に連絡しない。別れたら、その後は絶対に連絡をしない主義だ。」と答える場面も。EXOメンバーであるディオの言葉だっただけに、ファンの関心を引いたようだ。

 

さらに、ディオはドラマについて「もし皆さんが今、夢を叶えるために努力していて、辛いと感じているなら、『肯定が体質』を見て元気がもらえるんじゃないかと思う」と語った。

 

「肯定が体質」は、10分1話で構成されており、全6話の物語となっている。31日午後5時からサムスングループのブログ、NAVER TVキャスト、DaumTVpot、YouTubeに毎日配信される。

関連タグ: