20年音信不通の故ク・ハラさん母が遺産要求で兄が立法を請願

’19年11月に亡くなった元KARAのク・ハラさん(享年28)の実兄ク・ホインさんが3月19日、自身のインスタグラムを通して『ク・ハラ法』の立法を請願したと発表した。

 

1993年に撮影されたハラさんとの写真を公開し、「ハラが私たちのそばを離れてから4か月という時間が過ぎました。今でも私を見て、抱きしめられていた姿が忘れられません」と心境を明かしたホインさん。

 

つづけて、「私たちは、私の妹の死が無駄にならないように、私の家族と同じような出来事で苦痛を受ける家庭がこれ以上発生しないことを祈る気持ちから、“ク・ハラ法”制定のために立法請願を申し立てました」と綴った。

 

ホインさんが韓国メディアに語った内容によると、ハラさんの実母は、ハラさんが9歳の時に家を出た。その後、実父は養育費のために出稼ぎで韓国全土を回り、ハラさんは祖母と兄のもとで育てられた。しかし、ハラさんの葬儀場に20年間音信不通だった実母が現れ、法定代理人を立てて遺産の50%を相続する権利を主張しているという。

 

現在、韓国の法律では養育義務を放棄した親でも子どもが事故などで先に死亡した場合は、特別な事情がない以上死亡補償金を含む子どもの財産を制限なしに親が相続できることになっている。

 

これを受け、ホインさんは実母を相手に相続財産分割審判請求訴訟を起こした。さらに、国会に『ク・ハラ法』の立法を請願。これは、民法上の相続欠格事由に“直系尊属または直系卑属に対する保護ないし扶養義務を著しく怠った者”を追加している。共同相続人のうちに、他の共同相続人と比較して決定される比較的概念に変更し、寄与分の認定範囲を広げるというものだ。

 

インスタグラムでホインさんは「この法が通過しても、私たちには適用されないということは誰よりもよく分かっています。ですが、私たち家族だけの問題だけではなく、天安艦事件、セウォル号事件の時のように、子どもを捨てた親が死亡補償金を受け取る悲劇が再発しないことを願うことが、私だけでなくハラの願いでもあります」と請願に至った背景を綴った。

 

また『ク・ハラ法』という名前については「私たちの社会を、より正しく望ましく変える名前として残ってほしいという思いを込めました」と明かしている。

 

ホインさんが申し立てた『ク・ハラ法』の立法請願は2020年から新たに導入された国民同意立法申請で行われる。弁護士を通じてホインさんは「ク・ハラ法が国民同意立法請願を通じて通過した1号法案になることを望んでいます」と思いを伝えている。

関連カテゴリー:
関連タグ: