肩ギャング、結膜セレブ……いくつわかる? 韓国「秀逸ネーミング」5
広くがっしりとした肩を持ち、「肩ギャング」と呼ばれるヒョンビン(写真:アフロ) 画像を見る

「韓流エンタメの特徴の1つとも言えるのが、面白おかしい“推し”へのニックネームや、造語。例えば、社会現象ともなった『愛の不時着』でも、“顔天才”“母胎ソロ”など、秀逸な造語が話題となりました」   そう語るのは、韓流エンタメに精通している映画プロデューサーTさん。   近年、国を挙げて推進している韓国エンタメは成長が目覚ましく...

【関連画像】

関連カテゴリー: