image
(写真・琉球新報社)

 

沖縄県の翁長雄志知事と稲嶺進名護市長、辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議の訪米団が30日午後、31日の米国への出発を前に那覇空港で出発式を開いた。翁長知事は、オール沖縄との出発式に先立つ会見で「米大統領が変わって新しいトランプ政権の下で、辺野古を造らせない、造れないということやオスプレイ配備反対を訴え、理解を得たい」と抱負を述べた。

 

稲嶺名護市長は「基地問題はすぐれて人権問題であることを訴えたい。辺野古新基地建設問題は、強い意志で反対していることをしっかり伝えたい」と決意を語った。

 

オール沖縄共同代表の呉屋守将氏は「沖縄の思いを世界に発信して共有してもらいたい」と訪米団の意義を語った。

 

一行は31日に米国へ向けて出国し、2月5日に那覇に戻る。米連邦上下両院議員やその補佐官、有識者らと面談する予定。

 

【琉球新報電子版】

関連タグ: