image

 

那覇署は19日、酒気を帯びた状態で米軍公用車の2トントラックを運転し、会社員の男性(61)=那覇市=が運転する軽トラックと衝突して男性を死亡させたとして、米海兵隊牧港補給地区所属の米海兵隊上等兵の男(21)を自動車運転処罰法違反(過失運転致死)と道交法違反(酒気帯び運転)の容疑で逮捕した。那覇署によると、上等兵は容疑を認めており、呼気からは基準値(1リットル当たり0・15ミリグラム)の約3倍のアルコールが検出された。同署は危険運転致死容疑への切り替えも視野に捜査を進めている。

 

逮捕容疑は19日午前5時25分ごろ、上等兵は酒気を帯びた状態で米軍公用車の2トントラックを運転して那覇市泊の国道58号を南向けに直進中、那覇市松山方面から安里方面に右折しようとした軽トラックに衝突し、軽トラックを運転していた男性を胸部圧迫閉そくや外傷性くも膜下出血などにより死亡させた疑い。男性は救急搬送されたが、午前6時55分に死亡した。容疑者の上等兵も左腰に擦り傷を負った。

 

目撃者の証言などから、赤信号で右折矢印に従って曲がろうした男性の車に、米軍のトラックが信号を無視して交差点に進入し、衝突した可能性がある。

 

県警には事故後、米軍側から公務外という連絡があった。那覇署は無断で公用車を持ち出した可能性もあるとみている。県警が容疑の上等兵を逮捕しているため、日米地位協定上の身柄引き渡し問題は発生しない。

 

米軍のトラックは那覇署が現場道路の安全確保のために同署に運んだ。米軍は19日午後、米軍財産としてトラックを回収した。那覇署によると、実況見分など初動捜査は終えており、捜査の大きな支障にはならないという

関連タグ: