ハレクラニ沖縄のロビーのイメージ(三井不動産提供)

 

恩納村名嘉真で建設が進められているホテル「ハレクラニ沖縄」が2019年7月26日に開業する。総支配人の吉江潤氏とセールス&マーケティング部長の市川明宏氏が23日、那覇市泉崎の琉球新報社を訪れて「沖縄や恩納村の活性化につなげて、地元の誇りになるようなホテルを目指したい」と決意を述べた。

 

ハレクラニは1917年にハワイで創業したリゾートホテルで、ハワイ以外での開業は沖縄のみとなっている。客室数は360室で、四つの直営レストランと宴会場、バーなどがある。天然温泉を利用した温浴施設やプール、フィットネスジムも備えている。19年2月から宿泊予約を受け付ける。運営は三井不動産リゾートマネジメント。

 

吉江氏は「日本や米国のお客さまから始めて、アジア地域のお客さまも受け入れていきたい」と話した。

関連タグ: