2メートルのハブ、パトロール中に 本部高近く
本部署警察官が捕獲したハブ=1日、本部署

 

【沖縄・本部】本部署の警察官が1日、本部高校近くの道路で約2メートル10センチの大きなハブを捕獲した。

 

警察官は、午後10時ごろパトカーで巡回中に発見した。発見当時ハブは首が折れて死んでいた。体長は2メートル10センチで警察官の身長を超える大物。ハブは他の研究機関で研究用に使用される。前原孝彦副署長は「春先から夏場にハブの活動が活発化してくる、夜間のウオーキングの時はハブに注意しましょう」と呼び掛けた。
(上間宏通信員)

関連カテゴリー:
関連タグ: