首里城、強く生まれかわる 焼失半年「沖縄らしさ」追求
青空に赤色が映える在りし日の首里城正殿=2012年9月、那覇市首里金城町 画像を見る

  2026年度、生まれ変わった首里城正殿はどんなたたずまいを見せてくれるだろう―。昨年10月31日の首里城焼失から30日で半年。今年3月末には再建までの工程表が決まり、新たなシンボルの姿がおぼろげながら見えてきた。キーワードは「防火設備の強化」と「沖縄らしさ」。2度と火災で失わないよう最新鋭の技術を活用し、防火設備を充実させながらも、琉球王国時代から受...

【関連画像】

関連カテゴリー: