ハイサイ探偵団、アグー261キロを子ども食堂96カ所へ 「動画で知らせたい」
県内各地の子ども食堂にアグー豚肉を贈ったハイサイ探偵団のひっちゃんさん(中央)、よったけさん(左から2人目)=22日、那覇市の県社会福祉協議会 画像を見る

チャンネル登録者数100万人を超える沖縄発の人気ユーチューバー「ハイサイ探偵団」が22日、那覇市の県社会福祉協議会(湧川昌秀会長)を訪れ、県内各地の子ども食堂96カ所にアグー豚肉計261キロ(約92万円分)を配った取り組みを報告し、目録を贈呈した。

 

取り組みのきっかけは、新型コロナウイルスの影響でアグーの消費が落ち込み、業者が在庫を抱え悩んでいると報道で知ったことだったという。団長のひっちゃんさん(36)は「知名度を生かして社会に貢献できることがしたいと思い、子どもたちに配ることにした」と説明した。

 

県社協を通じ希望を募ったところ宮古、八重山を含む96カ所の子ども食堂から回答があり、ハイサイ探偵団のメンバーが直接持参したり、チルド配送で届けたりした。

 

メンバーのよったけさん(36)は「動画を通して、アグーのことや県内の子ども食堂について認知させたい」と語り、目録を受け取った湧川会長は「子どもたちの喜ぶ顔が見える」と感謝した。

関連カテゴリー:
関連タグ: