塩川で2ヵ所同時に搬出 辺野古新基地埋め立て土砂 工事加速狙いか
新たに土砂搬出作業で使用が開始された本部港塩川地区の北側の岸壁と荷さばき地=20日、本部町 画像を見る

【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設で、沖縄防衛局は20日、本部港塩川地区の北側で、岸壁と荷さばき地から埋め立て用土砂の搬出を開始した。これまで塩川地区の南側を使用しており、南北の2カ所から同時に搬出したのは初めて。名護市安和の琉球セメントの桟橋も並行して計3カ所から土砂を搬出し、工事を加速させる狙いがあるとみられる。   北側の...

関連カテゴリー:
関連タグ: