「国民を監視する人権侵害法」 土地規制法案の廃案求め声明 平和運動センター
土地規制法案を批判し、廃案を求める声明を発表する沖縄平和運動センターの山城博治議長(左から2人目)ら=1日、沖縄県庁記者クラブ 画像を見る

自衛隊や米軍の基地など安全保障上重要な土地の利用を規制する法案を巡り、反戦・平和を掲げる「沖縄平和運動センター」は1日、沖縄県庁記者クラブで会見を開き、廃案を求める声明を発表した。「国民や県民を監視する人権侵害法案だ」と訴えている。   法案が成立すれば自衛隊や米軍基地から1キロの範囲が「注視区域」や「特別注視区域」になり得るとして、嘉手納基地周辺...

【関連画像】

関連カテゴリー: