第6回 報われない愛ばかりなのはなぜ?――子供時代のコンプレックスから親に似た人を追いかけてしまい、評価されたいと思ってしまう

投稿日: 2015年02月17日 00:00 JST

image

斎藤芳乃(さいとう よしの)プロフィール

マリアージュカウンセラー。女性の恋愛・結婚の問題を解決する心の花嫁学校マリアージュスクール主宰。「自尊心」の大切さを訴え、潜在意識にある不幸の根本的な原因を見抜き、現実を変化させる心の専門家として活躍中。東京・大阪・名古屋で開催される講座には、7000人以上の女性が参加。北海道や沖縄のみならず海外からも受講者が訪れる。また個人セッションの申し込みは、予約受付開始から5分で満席となる人気ぶりを博している。著書に『一週間で自分に自信を持つ魔法のレッスン』(SBクリエイティブ)、『運命の人と結婚する方法はシンデレラが教えてくれた』(マガジンハウス)。著者公式ブログにて、クライアントの実際の体験談や、潜在意識の書き換え方を日々更新中。9月に新刊『恋愛レッスン~永遠の絆のつくりかた』(SBクリエイティブ)を上梓した。

■「いつもいつも都合のいい女や不倫ばかり……」

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

 

以前、あるご相談者様から、こんなご質問をいただきました。

それは、「いつもいつも都合のいい女や不倫ばかりで、幸せになれる相手に巡り会えない」というものです。

 

「普通っぽく見える女性も、ちゃんと独身の男性に愛されて幸せになってますよね。どうして私だけいつもこうなるんでしょうか?」

――涙ながらにその方はおっしゃいました。

 

その方は、ファッション雑誌に出てくるような服装で物腰も柔らかく、綺麗な女性です。

特に問題がありそうな非常識なところもありませんし、ちゃんとお仕事もなさっています。

 

けれど、なぜこうして不倫を繰り返してしまったり、結婚に至らないような男性とばかり関わってしまっていたのでしょうか?

 

■なぜ、「自分を愛さない人」ばかりを追いかけてしまうのか? 

実は、こうして「自分を幸せにしてくれない男性」と関わってしまうことも、子供時代のトラウマが関係しています。

特にこういったケースでは、幼少期の父親との関係が原因になっています。

 

たとえば、こんな経験はありませんか?

 

お父さんに褒められたいと思って頑張ったのに、お父さんは仕事で忙しくて自分のことを見てくれなかった。

その時、とても悲しくて寂しくてやりきれなくて、でももっと頑張ったらお父さんは自分を見てくれたのかもしれない、だから次はもっと頑張ろうと努力をはじめる……。

 

こうして、父親との間で起きたちょっとした出来事の中でも、私たちは自分の期待や愛情が伝わらないことによって、深く心に傷を持ってしまうんですね。

その結果、「お父さんが見てくれるように頑張る」ためにすべて行動するようになってしまい、「お父さんが評価してくれないと、私は私でいられない。私は安心できない」というように思うようになります。

 

こうして「評価してほしい人が評価してくれない」という不安定な状態のまま大人になってしまうと、父親に対する満たされない欠乏感を抱えたまま、「他人に対して頑張って注目を得たり評価されること」のために人生を生きるようになってしまうんですね。

 

なぜなら、この人にとっては、評価されれば自分の存在を認めることができますが、評価されなければ自分が生きていいと思えない、それくらい自信を持てなくなってしまっているからです。

そして、父親との関係で満たされなかった思いを、今度は父親の代わりになる「上司や大人の男性」に対して無意識に求めるようになります。

 

同時に、父親の代わりに自分を評価してくれるような男性は、父親と同じような「権威を持つ存在=上司」であったり、父親と同じような年上の落ち着いた存在=既婚者であることが少なくありません。

 

このように、父親に対して心の傷があることによって、無意識に父親代わりになってくれる人を求め続けてしまった結果、不倫や幸せになれない恋愛を繰り返してしまうようになるんですね。

 

父親や男性との関わりを見直してみる――チェックポイント

 

それではここで、あなたが父親に対してどんな「報われなかった痛み」を持っているのか、そして男性に対してどんな誤解をしているのかをチェックしていきましょう。

 

仕事ばかりで自分のことを見てくれていない、という寂しさがあった

他の人(きょうだい)ばかり評価していて、自分は存在していても無視されている感覚があった

自分のことを優先してくれないことが多く、いつもそのせいで「自分が大切ではない存在なんだ」という苦しみを抱えていた

やってもらいことがあっても、それを言うことを禁止されていた

怒鳴ったり支配的な態度が多く、いつも顔色を見て怯えていた

父親といると緊張していて、男性に対してもリラックスできたことがない

同じ年齢の男性は子供っぽく見えてしまい、相手にしたくない

相手の至らない部分を見ると、すぐに嫌になってしまう

包容力がある男性でないと、魅力的に感じない

いつも安心感を与えて欲しい、いつも見ていて欲しい

自分が男性に愛を与えるということが苦手で、したくないと思う

何でもしてくれる男性が好き、それ以外の男性はわがままだと感じてしまう

 

いかがでしたか?

 

こうした思い込みは、父親との関係の中で、微妙に男性との関わりをゆがんだものとして捉えるようになった結果、出来上がったものなんですね。

 

そして、こうした思い込みがあることによって、「対等に支えあい、幸せになる恋愛」よりも、「一方的に与えられる依存的な恋愛」を望むようになってしまい、それが不倫や都合のいい女という現実になってしまうのです。

 

2つの改善ポイント

 

では、こうした状態を改善していくためにはどうしていけばいいのでしょうか?

ポイントは2つあります。

 

まずひとつめは、「一方的に自分が男性に評価されたい」と思う気持ちがあることに気付き、こうした依存を改善していくことです。

 

そもそも、男性との関わりは対等なものです。

女性側だけが評価されたいと思っているのではなく、男性側も女性に対して褒めて欲しい、認めて欲しいという欲求を持っています。

 

既婚者や上司といった、ある程度成熟した男性ならばこうした気持ちは少ないものですが、まだ成長途中の男性は、一方的に女性を上から守るというよりも「一緒に支えあいながら生きていきたい」という気持ちを持っているんですね。

 

そのことを認め、「自分よりも上の立場ではない男性」のことを理解し、受け入れていくことが大切です。

 

ただ評価されたいと願うだけではなく、自分自身も相手のことを褒め、共に成長していくことを許すこと。

人間的に足りない部分があったとしても、それを嫌うことなく、「お互いに完璧ではない対等な立場」で相手を支えていくこと。

 

こんなふうに、与えられることだけを望むのではなく、自分から相手に愛を与えることを意識していくことが大切です。

 

そしてもうひとつは、「心の中の父親に対する無力感を癒す」ということです。

 

男性に対して評価を求めてしまうということは、子供時代のお父さんに対するトラウマがまだ残っているということです。

本当は評価してもらいたいのに、かまってもらえない寂しい自分がいた。

本当はもっと見てもらいたいのに、愛してもらえない苦しさがあった。

そんな心の痛みを、自分自身で受け止め、癒してあげる必要があるんですね。

 

まずは、こうして報われなかった痛みがあることを受け止めながら、その苦しさを100%受け入れ、充分に自分を泣かせてあげましょう。

我慢することなく、寂しさや苦しみを受け入れ、「かわいそうだったね、寂しかったね」と自分を労ってあげます。

その上で、自分で自分に対して、評価することを心がけてみてください。

 

「お父さんは仕事が忙しくてあなたを認めるだけの余裕がなかったのかもしれない。でも、今の大人になった私は、あなたが一生懸命だったことを知っているよ」

「お父さんはあなたが思っているように、あなたに気づくことができなくて寂しかったね。でも大人になった私は、あなたの思いを見過ごすことはないし、悲しかったら悲しいと泣いたり、苦しかったら苦しいという気持ちを受け止めてあげるね」

 

こんなふうに、優しく傷ついた子供時代の自分と自己対話してあげるんですね。

こうすることによって、子供時代から「報われなかった」という痛みを抱えたままの自分の心が、だんだんと癒されていきます。

その結果、必要以上に「お父さんのような人に認めてもらうこと」を求める気持ちが解消されていくんですね。

 

不倫や不適切な恋愛、苦しい恋愛をしてしまうことには、必ず理由が存在しています。

けれど、そのパターンも、こうして心理的なトラウマを癒してあげるだけで簡単に変えられ、今まで得られなかった幸せを得られるようになっていくのです。

 

 <<いつも不幸な恋愛パターンを繰り返すのはなぜ? / 恐怖=見捨てられ不安が愛を遠ざける>>

『恋愛レッスン~永遠の絆のつくりかた』

image

・価格:1,404円(税込)1,300円(税抜)
・発売日:2014年09月29日頃
・出版社:SBクリエイティブ
・サイズ:単行本
・ページ数:223p
・ISBNコード:9784797380200

年齢、容姿は関係なし! 
あなたは必ず愛される。

「どうしていつまでたっても出会いがないの?」
「いいと思った人とうまくいかないのはなぜ?」
「そもそも幸せな恋愛や結婚ってどんなもの?」
そんな悩みを抱えている女性は多いでしょう。
どうしたら、男性と愛し愛される関係を築き、幸せな人生を送っていけるのでしょうか。
本書では、多くのクライアントの悩みを解決してきた著者が、
あなたの魅力を最大限引き出し、真に愛される女性になるための方法をお伝えします。

運命の人と出会い、お互いがお互いを大切に思い、高め合い、幸せなパートナーシップを築いていく――。
そのための具体的な方法を、実例をまじえながらご紹介します。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング