移動できる博物館?九州の特別な列車に乗ろう!

投稿日: 2016年10月12日 17:00 JST

image

人間は、広い世界のほんの一部で生きている。
全てを知ることはできない。
世界のどこかには、自分の知らない何かを熱狂的に愛してる人がいる。研究する人がいる。
そんな人が集まると、小さなブームになる。
誰かの世界を、少しだけ覗いてみちゃおう。
それが「うさこの覗いた世界」なのだ…!

image

「のりもの」――それは多くの人を魅了してやまない。
ある者は様々なフォルムに魅了され、
ある者は製造された年や時刻表などのデータに魅了され、
ある者は「撮る」という行為に魅了される…。
「のりものに乗っていろんなところへ行くのが好き」という人もいるだろう。
いろんな愛し方が楽しめるのりもの。
とはいえ、「ただの移動手段でしかない」と思う人も多くいるだろう。
そんな人でも「乗りたい!」と思わせてしまうトクベツな列車が九州にあると聞いて、その魅力を確かめてきた。

 

■乗ってるだけで博物館気分!『800系九州新幹線つばめ』

image

博多から鹿児島まで、九州を貫く九州新幹線。
7県から成る九州、実はそこそこデカく
縦に突っ切ろうとすればざっくり東京から京都くらいの距離がある。
縦断したいなら2011年に開通した新幹線はぜひ利用したいところ。
その中でも「800系九州新幹線つばめ」は、九州の技術を詰め込んだ
博物館的要素を兼ね揃えた世にも楽しい新幹線なのである。

image

九州山地の山桜で作られたやさしく光を遮る伝えるブラインドに
クスノキで作られた座席。車両によって柄が異なるシート。

image

洗面所を覆い隠すは八代い草の「縄のれん」。

image

壁にはなんと金箔があしらわれるラグジュアリー空間。

image

デッキは和アート作品が飾られるギャラリーのような役割まで果たすうえ
扉までもが切なさ爆発の渋い色味で、あまりにも只者ではない。
「ここにもこんな仕掛けが」「こんなところに和素材が」と探すだけで楽しくて、
はしゃいでる内にあっという間に目的地についてしまいそう。

 

■トキメキが止まらない大正浪漫!『SL人吉』

image

煙をあげ、「ポーッ」という汽笛を上げながら近づいてくるおもちゃみたいな蒸気機関車…。
一気に大正浪漫な気分に染め上げられる。
それもそのはず、なんとこの「蒸気機関車ハチロク」は大正生まれだそう。
そんな由緒ある列車が、100年の歴史を持つ肥後線を走る――軽く奇跡の宝箱みたいな状態である。
外を見渡せる広い展望ラウンジは、緑あふれる外の景色や
力強く走るSLの背中を悠々と見ることが出来る。
レトロな世界に、袴を着て「恋人に会いに行くんです」なんてほざきたい気持ちでいっぱい。
何を言っても外せないのは、列車を走らせる機関士さんたち!
蒸気機関車は簡単に言うと石炭を燃やして水蒸気を作り出し、回転させることによって列車が動くわけだが
この石炭を燃やすという作業は人力。
機関士さんたちが火室を操る仕草の格好よさたるや…!

image

停車中は気さくに話してくれるので、

image

image

運が良ければこんな貴重な運転室を見られることも…!?
無機物にあまりときめかずに生きてきたが、この運転室を構成するアイテムひとつひとつに萌えが止まらない。
歯車…!鎖…!温度計…!

image

機関士さん…!!!
写真を見返してもトキメキが止まらずドーパミンが活性化されているのでみんなSL人吉に乗るべきです。
健康になるぞ!

 

■ゴージャスの極み!『或る列車』

まず名前からそそられずにはいられない。
「或る」という言葉の神秘性を再確認する。なんて文学らしさに満ち満ちた名前なんだろう…。
一体どんな列車なの?と、うっとり妄想に耽りたくなる名前度NO.1(当社比)。
実体を見るとそんなワクワクさえ忘れ去るくらいさらにスゴいのである。

image

金色に輝くボディ…!絡みつく唐草模様!あまりにゴージャスなデザインだ。
普段行き先が表示される場所に光る「或る列車」の文字。
異世界に連れて行かれるのでは?という気さえ起きる。
外がどんなに平和な田園風景であったとしても、「或る列車」が非日常に変えてしまうのだ。

image

これは明治に計画されたもののお披露目されないまま頓挫してしまった幻の豪華客車が、
年月を経てようやく日の光を浴びた姿。
クラシカルこの上ない車内ではワールドクラスのシェフによるスイーツまで楽しめる。
その贅沢さは乗っているとうっかり「あれ?わたしって貴族だったかな?」と思い始めるほど。

 

image

目的地を目指してする旅もいいけれど、
移動の時間まで楽しさでいっぱいの乗り物で目的地を決める旅もいい。
そこには今まで思いもよらなかった楽しさが待っているかも。
今こそ、九州を100%楽しんでみてはいかがだろうか。

 

JR九州『800系九州新幹線つばめ』博多~鹿児島中央
https://www.jrkyushu.co.jp/trains/800/

JR九州『SL人吉』熊本~人吉
https://www.jrkyushu.co.jp/trains/slhitoyoshi/
大人片道・指定席利用 2,640円

JR九州『或る列車』佐世保~長崎
http://www.jrkyushu-aruressha.jp/
基本プラン料金 24,000円~
(運行区間の片道JR、スイーツコース、ドリンク代含む)

【関連記事】

移動も旅のひとつ…進化する「観光列車」ブームのワケ

震災復興に貢献した列車「さんりくしおかぜ」ラストランに密着!
ひとり旅に最適!憧れの”寝台列車の旅”7種の列車を比較

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

米原千賀子

ライター兼イラストレーター。へっぽこな見た目とは裏腹にシビれる鋭いツッコミで世の中を分析する。人呼んでうさこ。常に今日の夜ごはんのことを考えている食いしん坊健康オタクな一面も。webマガジンNeoLなどで連載中。

公式サイト
https://4bunno1.wordpress.com/
ツイッター
http://twitter.com/yonusa1
 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング