“一目惚れ事故”も削減~「スマホが変えた男女の恋愛事情」

投稿日: 2017年02月08日 17:00 JST

image

 

「携帯電話の登場で、中高生も簡単に異性と連絡が取り合えるようになりました。これで、処女率はあきらかに低下したと思うんです」

 

そう話すのは、漫画家でエッセイストの辛酸なめ子さん(42)。古くは家に通うこと、そして手紙を交わすことで愛を深めていた男女。辛酸さんは、携帯電話の進化で恋愛事情も大きく進化したと語る。簡単に連絡が取れる携帯電話が登場したことで、恋愛模様はどのように変化したのだろうか。

 

「携帯電話がない時代、異性と連絡する手段は家の電話。まずは、親が取り次いでくれるかどうかという関門がありました。無事、取り次がれたとしても、居間にある電話だと話の内容が家族に漏れる危険性も。込み入った話をするために電話ボックスに走った人もすくなくありません」

 

辛酸さんが携帯電話を持つようになったのは21歳のときだったとか。

 

「人と待ち合わせをする煩わしさがなくなったことが画期的でした。待ち合わせ時間に遅れても、店に直接行けば、約束した人と会えましたから。その一方、待ち合わせで相手が来ないときの焦燥感やドキドキがなくなったことは少し寂しいことです。映画やドラマでも、男女が会えそうで会えないという展開が、多くの物語を盛り上げてきました。携帯電話が登場する前と後では、人と会うことの重みがまったく違います」

 

また辛酸さんは、人間に芽生えたある欲求が、“恋愛テク”に結びついているとも。

 

「ネットができるようになったことで、人間には“検索欲”が物欲や食欲と同じくらいあることに気づきました。しかも知的なものではなく“あの人の名前なんだっけ?”ということも、すぐに検索する。出会ったばかりで“ちょっといいな”という男性も、その場で検索できます。ブログやフェイスブックを見て、“なんだマザコンじゃん”という“性癖”が見えてくることも。いざ付き合ってみたらとんでもない男だった、という一目惚れの“事故”から守ってくれるかもしれませんが、お互いを知ろうとする男と女の駆け引きや感情のもつれは、希薄になりました」

 

そんな辛酸さんが、今後のスマホの進化と、恋愛模様の変化を次のように予想。

 

「これからのスマホは、脳波のようなものまで飛ばせるようになると予想しています。思っていることが、そのままテレパシーのように相手に伝わってしまうから、非常に危険。今度は、スリリングな男女のやりとりが起こりうるかもしれませんね」

【関連記事】

千秋が明かした「スマホ依存症」シングルマザーが陥りやすい理由

知らないうちに…「スマホ写真流出」の意外な罠
凄読み占い師が指南!人間関係に効く「スマホ開運術」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング