誰でも150キロ!? 横浜DeNAベイスターズが新プロジェクト

投稿日: 2017年10月10日 12:00 JST

image
(写真・神奈川新聞社)

 

プロ野球の横浜DeNAベイスターズが新たな野球を創造する、「超☆野球・開発プロジェクト」を進めている。1日の横浜スタジアム(横浜市中区)での広島戦前には、二つの企画がファンにお披露目された。

 

ラクロスの網を装着したアームに球を入れて振りかぶると、腕がしなる原理でボールが放たれる。これが「誰でも剛速球が投げられるツール」。開発に携わった高橋哲さん(41)が説明する。

 

「2倍の長さの腕で投げている感じ。原理としては、時速150キロを投げる人が使えば300キロが出る」。製作期間は2カ月余り。開発途上だが、体験した会社員前田めぐみさん(26)は、「自分が投げるよりもズバッと良い球がいった」と驚いた。

 

もう一つの企画は手のひらサイズの光る星形グッズ。グッズ同士を接触させれば発光する仕組みで、ファンの交流のきっかけとなる。また球場への通り沿いにグッズに呼応するライトを埋め込み、歩くと自分が光を誘導するような気分になるというアイデアだ。

 

プロジェクトを担当した球団の石野貴久さん(33)は「ファンが町の雰囲気づくりに参加したり、町と一体になれるという、もう一歩踏み込んだ関わり方を自然と演出できる」と語る。

 

プロジェクトは今年2月に始動。一般を含めてアイデアを募集し、約150の中から最終的に二つが選ばれた。今までの野球を超えた、新しいスポーツとしての野球を創り出すことが目標だ。

 

落選したアイデアの中には、回転数によって発光する色が変わるボールの開発もあった。いわゆる「伸びのあるボール」はスピンがよく利いているが、可視化することで同じ140キロでも、プロのすごさを分かってもらえるのではというアイデアだ。

 

石野さんは「道具を使ってプロのレベルを体感してもらったり、野球の『なぜ』に答えたりする。そこで面白さに気づくことで、野球を身近に感じてもらったり、新たな可能性が生まれたらうれしい」と語る。プロジェクトは現時点で試案の段階だが、今後球団として本格的に取り組む可能性もあるという。

【関連記事】

横浜DeNA ルーキー細川がCSへアピール

清宮と「面談」実施へ 横浜DeNA

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング