沖縄戦米軍捕虜の魂安らかに…ハワイ初開催の慰霊祭200人以上の参列者

投稿日: 2017年06月06日 13:00 JST

image

沖縄戦で捕虜となり、移送先のハワイで亡くなった県人12人の冥福を祈る、共同代表の(前列左から)渡口彦信さん、高山朝光さん、元捕虜の古堅実吉さん=4日(日本時間5日)、米ホノルル市の慈光園本願寺

 

 

1945年の沖縄戦で米軍の捕虜となり、移送先のハワイで亡くなった県人12人を弔う慰霊祭が4日(日本時間5日)、オアフ島ホノルル市の慈光園本願寺で開催された。ハワイでの県人捕虜を弔う慰霊祭開催は初めて。元捕虜の渡口彦信さん(90)=読谷村=と古堅実吉さん(87)=那覇市=をはじめ、亡くなった12人や沖縄に帰還した捕虜それぞれの遺族、県系人など200人以上が参列した。参列者は戦没者の冥福を祈るとともに、世界の恒久平和を誓った。

 

慰霊祭は同慰霊祭実行委員会(渡口彦信、高山朝光共同代表)が主催。県からは浦崎唯昭副知事が参加した。

 

渡口さんは追悼のあいさつで「魂が今もハワイにさまよっていると思うと、胸が締め付けられる」と積年の思いを語った。日本で2016年に施行され、遺骨収集を政府の責務と明記した「戦没者遺骨収集推進法」にも触れた上で、不明遺骨の早期収集に官民一体となって取り組む必要性を訴えた。

 

亡くなった12人のうち、故・久手堅憲保さん(享年33)のおい、久手堅憲吉さん(68)=浦添市=が遺族代表であいさつした。久手堅さんは「このような慰霊の機会を持っていただき、心に刺さったとげが一つ取れたような気持ちになっている」と語り、慰霊祭開催に尽力したハワイと沖縄の関係者に感謝した。

 

浦崎副知事は翁長雄志知事のあいさつを代読し「私たち県民はこの事実を厳粛に受け止め、世界の恒久平和の実現にまい進することを誓います」と述べた。

 

慰霊祭の前に参列者らは、亡くなった12人が埋葬されたとされる米陸軍施設スコフィールド・バラックやサンドアイランド捕虜収容所跡地など、ゆかりの地を訪問した。

 

各地を回った参列者らは、異郷の地で米軍に使役させられ、望郷の念を募らせながら亡くなった捕虜の体験に思いをはせ、平和と鎮魂を願った。

【関連記事】

戦没教員ら追悼 不戦の誓い新た 那覇で教育関係慰霊祭

「全て日本に返還」 米軍回答、墓標は沖縄県人と別
ハワイ捕虜 写真は父 太田弘次郎さん、家族が確認

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング