「朝カラバクダンニオイマワサレテ」兵士・住民目線の戦争記録公開か

投稿日: 2017年06月23日 12:00 JST

image

沖縄戦で亡くなった幸地賢盛さんの遺影と、幸地さんが残した雑記帳

 

「朝カラバクダンニオイマワサレテ」。兵士、一住民の目から沖縄戦をつぶさに記録した雑記帳を、沖縄近現代史家の伊佐眞一さん(65)=那覇市首里崎山町=が所有している。筆者は伊佐さんの祖父で、沖縄戦で亡くなった幸地賢盛さん。庶民が残した沖縄戦の記録は貴重で、伊佐さんは「沖縄戦の継承に役立てたい」と公的機関への寄贈を検討している。

 

幸地さんは1907年に生まれた。雑記帳は、2度目となった38年の中国出征の記述から始まり、「上海陥落」「首を斬つて」「涙」といった言葉が断片的に書き付けられている。

 

39年に帰還。第32軍が沖縄に配備された後は、南風原村新川で供出係を務めた。雑記帳には「豚供出割当」「山羊(やぎ)九三羽」などの文字が、個人名と共に記されている。

 

45年3月23日、米軍の沖縄本島上陸を前に「戦争其(そ)ノ日ヨリ毎日戦戦デス」の記述。さらに「四月一日ヨリハ毎日防空ゴ生活になりました」(4月4日)、「朝カラバクダンニオイマワサレテ」(5月6日)と続く。

 

幸地さんの三男、賢造さん(81)=西原町=によると、5月上旬に新川の自宅を出た。山道を歩き、中旬には現在の糸満市に到着。一家は幸地さんを含め8人だった。長女の伊佐良子さん(89)=那覇市=は「父は手帳と鉛筆を胸ポケットに入れて、避難先で時間ができると書いていた」と振り返る。

 

最後の記述は6月4日。「我等(ら)と共命がけ話し さあ此(こ)れからだ 運命」。その9日後の6月13日、幸地さんは米軍の爆撃で亡くなった。一家で唯一の犠牲者だった。

 

生前、幸地さんは良子さんに対し「自分の形見だから、あなたが持っておきなさい」と雑記帳を手渡していた。あれから72年。雑記帳はカバーと共に3分の2ほどが消失し、現在60ページが残っている。

 

記述を全てパソコンで打ち直した伊佐さんは「戦争中は書くこと自体が大変だった。公開する意味があると思う」と話す。沖縄国際大学の吉浜忍教授(沖縄近現代史)も「軍と住民の関係が分かり、住民の記録として非常に価値がある」と評価した。(真崎裕史)

【関連記事】

沖縄戦、基地問題 動画で発信 琉球新報社、ヤフーと共同制作

沖縄から鉄道が消えた理由 慰霊の日に考える
戦没者遺骨DNA50人申請へ ガマフヤー、遺族ら集会

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング