柴野さん世界一 ジェラート大会で日本人初

投稿日: 2017年10月27日 14:00 JST

関連キーワード

image

ジェラート世界大会グランプリの柴野大造さん(右)と騎士の称号を授かった米盛勝也さん=26日、宜野湾市嘉数の「La VOUS(ラ・ボウス)」

 

地元食材にこだわったジェラートを販売する「La VOUS(ラ・ボウス)」(沖縄県宜野湾市)の役員で、ジェラート職人の柴野大造さん(42)が、9月28日にイタリアで開かれた世界大会でグランプリに輝いた。45人が腕を競う中、日本人では初めて世界一に輝いた柴野さんは「世界一は通過点。日本にジェラートを文化として根付かせたい」と次の目標を見据えた。

 

9月28日〜10月1日に、イタリア・パレルモ市で開かれた世界大会「シャーベット・フェスティバル」では、書類審査を通過した45人がイタリア語での作品紹介やジェラート作りで腕を競った。「ラ・ボウス」店長の米盛勝也さん(22)はイタリアのジェラート協会から騎士の称号を受け、2018年1月に授与式がある。

 

柴野さんは直前に別の大会で4位入賞した作品「パイナップル、リンゴ、セロリ」で挑戦した。(1)健康(2)口直しの存在でもあること(3)独創性-を柱に修正を重ねた。消化を助け食中の口直しにも優れるセロリだが、イタリアでは好まれず、比率を工夫してイタリア人好みの味を追求した。市民投票でも1位を獲得し「神の舌を持つ」と評される審査員からも「君の理論は正しい」と絶賛されたという。

 

石川県出身の酪農家2代目として「地元食材の良さを引き出し、経済的にも起爆剤となる食品を作りたい」との思いで始めた。

 

東京進出の話を断り続け、地元にこだわる柴野さんは「沖縄にはグアバ、アセロラなど魅力的な食材が多い。その良さをジェラートで引き出したい」と語る。

 

ラ・ボウスの運営会社は香港の実業家とコンサルタント契約を締結し、18年4月にも香港で沖縄仕込みのジェラート店が開店する。

【関連記事】

シークヮーサーで沖縄ジェラート ファミマが5千個限定販売

沖縄そば29店! 地元記者が那覇のマチグヮーで食べ歩いてみた。

エッグ1グランプリ 最高賞 「鳥玉」のチキン南蛮 プリン

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

配信社:琉球新報社

「沖縄の今」をお伝えする地元紙・琉球新報です。政治、経済、スポーツなど最新ニュースから、ディープな地域ネタまで、沖縄を知りたいあなたへ幅広い情報をお届けします。 
http://ryukyushimpo.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング