冬季五輪(バンクーバー)観戦記 ―第五回― 『フィギュア男子SP こぼれ話』

今日、お昼にレストランに入ってビールを注文したら、身分証を見せろと言われました。
もしかして10代に見えるのかな? 
と一瞬浮かれたんですが、パスポートを見せても店員は納得せず。
ほかの店員も呼んで、みんなで一緒にパスポート見て、クビをかしげながら「ふーーん、まあOK」みたいな態度をとられたので、さすがにイラッときました。

悔しかったので、ビール4本、追加してやりました。

まあ、それはいいとして、今回は昨日の男子フィギュアについて、書ききれなかった話を。
まず、会場はこんな感じです。

image

image

中では、ホットドックにピザ、フライドポテトにチュロス、ケーキなんかも売っています。
飲み物も、ビールやワインなど、アルコールもけっこう充実。
私はピザとビールを注文して13$。

試合前には、美女によるパフォーマンスもありました。

image

ぐだぐだでしたが、それもご愛嬌かな。

それから、私が気になっていたのは、日本の3選手の人気について。
日本とか、たとえば韓国なんかもそうだと思うんですが、熱狂的な女性ファンのイメージが強いんですよね~。
だから、高橋、織田選手なんかも、日本の一部のファンが盛り上がってるだけで、もしかして、世界的にはそれほど人気ないんじゃないの? なんて思ってたんです。

実際、人気は欧米の選手にはかなわないと思います。
今回の五輪は、会場もカナダなので、カナダ代表のパトリック・チャンや、アメリカ代表のライサチェックウィアーアボットの人気は絶大。
それからヨーロッパもプルシェンコランビエールジュベールは、国を問わず、世界中の人に人気があるので、それに比べたら、高橋、織田はやはり日本ファンの応援が中心っていう気はしました。
ただ、思ってたよりは、海外でも人気があるとわかって嬉しかったです。

たとえば、会場で知り合った日本語勉強中のスイス人の女性は、「コヅカクン、チョーカワイー!ダイスキヨ!」と言っていましたし、FSU(フィギュアスケートユニバース)という、世界中のフィギュアファンが集うサイトの中でも、高橋、織田はけっこう話題に上がるらしい。

image

この男子SPの試合では、FSUのオフ会も兼ねられていて、私も挨拶をさせてもらったんですが、そのメンバーの方たちも「今日の高橋はパーフェクト!」と絶賛されていました。

今回の演技でも、きっとまたファンが増えたと思います。

いよいよ明日は、男子フィギュアFPです。
泣いても笑っても、4年に一度の五輪のメダルの行方が決定します!

プルシェンコ、ライサチェック、高橋、織田、ランビエール、ウィアー、チャン、小塚、そしてSPでふるわなかったジュベール、アボット、ベルネル、みかりんお気に入りのデニス・テン君など見どころたっぷり!!

今夜は、眠れません!!

関連タグ: