6月7日、W杯前の最後の強化試合となった対ザンビア戦。大久保嘉人選手(32)の豪快ゴールを家族たちはスタンドで見届けた。はるばるアメリカ・フロリダ州まで駆けつけたのは妻・莉瑛さん(31)と、碧人くん(8)、緑二くん(5)、橙利くん(2)の3人の子供たちだ。

 

大久保と莉瑛さんが出会ったのは00年、2人がまだ高校3年生だったころ。

 

「(出会いから)結婚までは4年ぐらい。娘は短大に通っていましたから、卒業して就職した後に結婚しました」

 

そう語るのは、莉瑛さんの母・Aさんだ。

 

「(娘は)やはりサッカー選手の方々とのお付き合いは多いようですね。(大久保が所属している)川崎フロンターレの皆さんが、自宅に遊びに来てくれて、よくバーベキューとかをしているそうです。 そのたびに娘もコストコに行って、大量に買い出しをしたりして、張り切っていますよ。嘉人さんも選手同士がうまく溶け込むように、いろいろ気を遣っていますから、そのお手伝いにはなっているのではないでしょうか」

 

“兄貴”と慕われている大久保だが、その人望の陰には莉瑛さんの奮闘があった。

関連タグ: