「本当にヒドイ話なんです。見てださいよ!」

 

そう言って本誌記者を部屋に招き入れたのは、東京都内のアパートの大家だった。和室6畳・フローリング6畳の2DKだが、フローリングはところどころ腐って穴があき、ガムテープで補修されていた。柱もキズだらけで、和室の窓の木枠にも、かなり目立つシミが……。

 

実はこの部屋は、女子サッカー界のレジェンド・澤穂希の実家で、彼女の母・満壽子さんが22年間暮らした部屋だった。満壽子さんは今年1月に自身の子育てエピソードを『チャンスの波に乗りなさい』として刊行した。そのなかでは澤が15歳のときに離婚したことも書かれているが、シングルマザーとして再出発したのが、このアパートだったのだ。しかし、大家は言う。

 

「(満壽子さんが)一度も掃除なんてしたことがないんじゃないかというくらい、部屋の中が散らかっていて、足の踏み場がないほどでした。まさに“ゴミ屋敷”になってしまったんです。何年かして娘の澤さんは、近所で自分の部屋を借りて生活するようになりましたが、彼女の荷物も残っていたそうです」

 

大家は満壽子さんに対して激怒していたが、それには理由があるという。

 

「本の印税が入ったとかで、今年1月に引っ越していったんです。でも部屋を見て仰天しました。ひどくボロボロになっているうえに、掃除もしないまま出て行ってしまったんですからね。玄関のドアも交換しなくちゃいけないし、業者に改修費用を見積もってもらったら100万円と言われました。せめて一部でも払ってほしいのに、(満壽子さんは)全然取り合ってくれないんです」

 

家賃は8万円で、敷金は11万円だったという。

 

「1月分の家賃も払ってくれなかったので、敷金からの支払いになり、残りはたった3万円! でも“それで精算できるはず。こちらには負担の義務はない”と、弁護士の名前で通知が来ただけです」

 

大家の怒りの告発について、満壽子さんは本誌にこう答えた。

 

「娘も結婚したもので、私も心機一転をはかるために転居しました。もちろん長いこと住んでいましたから、フローリングや畳が傷んだりなど、いろいろあるでしょう。でも弁護士と相談しましたら、『リフォームは先方が負担すべきで、追加して払う必要はない』とのことでした。確かに大家さんには、ずいぶんお世話になりましたが、何だか最後に揉め事になってしまって残念です」

 

トラブルは認識しているが、大家の請求に応えることは考えていないという。この問題について、東京都住宅局の相談員は次のように語った。

 

「確かにふつうに暮らしていて劣化したものについては、貸借人が負担する必要はありません。しかし、国交省のガイドラインにも記載されていますが、部屋を返却する際には清掃することが必要です。汚れっぱなしだったというのなら、大家さんはハウスクリーニング代を請求できます。また大家さんが、貸借人の使用方法が悪くて劣化が早まったと、考えているのであれば、少額訴訟裁判などで決着をつける選択もあります」

 

このピッチ外の大バトル、レジェンド澤は知っているのだろうか。

関連タグ: